【艦これSS】多摩「撫でたり抱っこしたり、お腹触っても今日は怒らないにゃ」 提督「お前、最高にいい子だよ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:32:36.35 ID:E+Mmz+P+o
多摩「なんにゃ、いきなり?」ゴロゴロ

提督「俺、実家で猫飼ってたんだよ……そいつを思い出しちゃって」

多摩「……多摩は猫じゃないにゃ」

提督「いや、それはわかってるんだが。ソファーでゴロゴロしてるお前を見てると、どうもなぁ……」

提督「いや、ごめんな。ちょっと疲れ溜まってるのかな」ハハハ

多摩「……」ンー

多摩「しょうがないにゃあ」スクッ

提督「ん、多摩?」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:33:44.79 ID:E+Mmz+P+o
多摩「多摩は猫じゃないけど、今日だけは特別にゃ」ストン

提督「ひ、膝の上!?」

多摩「さあ。存分に猫っかわいがりするといいにゃ」

多摩「撫でたり抱っこしたり、お腹触っても今日は怒らないにゃ」

提督「多摩……」ジーン

提督「お前、最高にいい子だよ!」ナデナデ

多摩「当然にゃ。もっと撫でるがいいにゃ」フフン

提督「はは、そらそらー」コショコショ

多摩「あはは、くすぐったいにゃぁ」
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:34:28.29 ID:E+Mmz+P+o
――廊下・執務室前――

天津風「……」ジー

天津風「な、なにやってるの、あの二人……?」ジー



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:36:07.95 ID:E+Mmz+P+o
提督「あー、今日は癒やされた。最高のコンディションで仕事出来た」

多摩「それはよかったにゃ」

提督「多摩のおかげだよ、ありがとう」ナデナデ

多摩「……ふふ。まあ、またやってもいい……にゃ」

スタスタ、バタム
提督「いやあ、充実した一日だった。やっぱり猫はいいなぁ」
天津風「……!」ジー
5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:41:16.87 ID:E+Mmz+P+o

~~翌日~~

提督「うん。多摩のお陰で今日も元気に働けそうだ」

コンコン

提督「あれ、誰だ?」

天津風「あ、天津風です。入ってもいいかしら?」

提督「おう、いいぞー」

ガチャ

提督「おう、何のよう、だ……?」

天津風「……」テクテクストン

提督「!?」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:42:45.34 ID:E+Mmz+P+o

提督「あ、天津風……!?」

天津風「ど、どうしたの……ニャ?」

提督「ニャ!?」

天津風「そ、その……あなたが猫好きで、会えなくて寂しい、って……」

天津風「迷惑、だった……?」ウルウル

提督「!!!」ズキューン

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:45:06.10 ID:E+Mmz+P+o

提督「……なんだよ」

天津風「ど、どうしたの?」ビク

提督「何だよ、お前……」ゴゴゴ

天津風「ご……ごめん、なさ」

提督「可愛すぎるだろ!!」バゴーン

天津風「!?」

天津風「え、ええっ!?」
8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:49:32.28 ID:E+Mmz+P+o

提督「なんでそんなに健気なんだよお前!なんだよ!何様だよ!神様かよ!」ナデナデ

天津風「そ、そんなに撫でたら吹き流しが……!」

提督「うるせえ撫でるぞ!悪いか!」ナデナデナデナデ

天津風「あ……。悪くは、ないわ……」トロン

提督「よぉしよしよしよし!」

天津風「ふにゃぁ……」

天津風(なんだか、安心する……)




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:50:25.14 ID:E+Mmz+P+o
提督「あー、堪能した」ツヤツヤ

提督「ノルマはすぐ終わったから後半ずっとじゃれてたな」

天津風「私を膝に載せたまま、すごい速さで事務仕事終わらせてたわね……」

提督「そりゃあな、こーんな可愛い子が膝に乗ってりゃやる気も出るってわけよ!」

天津風「か、かわっ……!」カァァ

天津風「……って、あなた!誰にでも言ってるんじゃないでしょうね?」

提督「俺はお世辞は言わんのだ」

天津風「も、もうっ!私、帰るからね!」カァァ

提督「ああ、今日は本当にありがとうな。後日礼は必ずするよ」

天津風「!……え、ええ!期待してるからね!」

タタタ
10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:51:20.34 ID:E+Mmz+P+o
提督「猫……遥かに良い……」

?波「……司令官、猫好きなんだ」コソコソ

?波「いいですね……明日、一緒に行きましょう」コソコソ

敷?「えっ?あ、あたしはいいよ……!」

綾?「……あー、私一人じゃちょっと無理だなぁ。一緒にお疲れの司令官を癒してくれる艦娘はいないかなぁ?」

敷波「わ、わかったよ!……仕方ないなぁ」

綾波「……ふふっ」

綾波(素直じゃないですねぇ)

敷波「な、なんだよ……」

綾波「なんでもありませーん」
11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:54:32.69 ID:E+Mmz+P+o

~~翌日~~

提督「今日の執務は捗るぜ!」バリバリ

提督「一昨日の多摩で効率2倍!昨日の天津風で更に2倍!つまり100倍の計算!」バリバリ

コンコン

提督「……ん?」

敷波「敷波だよ。入っていい?」

提督「おう、いいぞ!」
12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:55:52.91 ID:E+Mmz+P+o
ガチャ

敷波「し、失礼します……」ドキドキ

綾波「失礼致します!」ニコニコ

提督「お、綾波もか……、!?」

提督(……綾波と敷波、二人は耳と尻尾を身につけていた)

敷波「な、なに……?」ドキドキ

提督(妹の敷波は、ピンと立った猫耳とフワフワした尻尾。茶色の毛の猫といった印象だ)

綾波「どうですか、司令官?」ニコニコ

提督(対して姉の綾波は、艶やかな黒い耳、そして長い尻尾。まるで黒豹のようだ)
13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:57:25.49 ID:E+Mmz+P+o

提督「お前ら、どうして……?」

綾波「司令官が、猫が大好きだとお聞きしました」

敷波「執務の疲れが吹っ飛ぶほど好きだって……。近頃、妙に疲れてたよね」

綾波「お疲れの司令官に、少しでも元気になって頂きたくて」

敷波「……あ!でもさ、迷惑だったら言ってよ。すぐ出てくから……」

提督「迷惑か、だと……?」ユラリ

敷波「し、しれいかん……?」
14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 21:59:59.69 ID:E+Mmz+P+o
提督「そんな訳無いだろうがァ!」ダキッ

綾波「あ、あの。司令官?」ドキドキ

敷波「な、なんだよ、いきなり……」ドキドキ

提督「俺……俺、提督でよかった……!」グスッ

敷波「あはは。大げさだよ司令官」

綾波「そうですよ。司令官のお力になりたい艦娘はたくさんいるはずです」

綾波「……だから。今日は私達を猫だと思って存分に可愛がってくださっていいんですよ?」

敷波「うん。出来るだけ邪魔はしないようにするからね」

提督「ああ……ありがとう」ナデナデ

提督(今日の仕事は捗りそうだ)



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:01:57.50 ID:E+Mmz+P+o
提督「それそれ」ワシャワシャ

綾波「うふふ。くすぐったいですよぉ」

敷波「……」

提督「あー、可愛いなぁ……ん?」袖クイクイ

敷波「……」ムー

提督「あ、敷波……放っておいてゴメンな」ワシワシ

敷波「ふんっ。まあ、いいんだけどね」

提督(やっぱり敷波は猫っぽいな)

提督「……幸せだ」ホゥ



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:06:47.62 ID:E+Mmz+P+o
提督「いやあ、今日の二人は可愛かったなぁ。お陰ですっごく頑張れた」

敷波「も、もう……褒めたって何もでないよ?」

綾波「綾波、照れちゃいます……」

提督「うん。頑張りすぎて期限一ヶ月先とかのまでぜーんぶ終わっちまった」

敷波「そんなに!?」

提督「まあ提督の仕事が尽きるってことは無いんだけどな。ずいぶん楽になった。ありがとう」

綾波「ふふっ。良かったです」

敷波「……辛い時は呼んでよ。こんなことなら、いつだってやってあげるから」

バタン

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:08:21.13 ID:E+Mmz+P+o
提督「……うむ。やっぱり猫はいい。すごくいい」
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
???「……」コソコソ
19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:12:11.74 ID:E+Mmz+P+o
~~更に翌日~~
提督「あー、昨日やり尽くしたから仕事少ないなぁ……」

ガチャ

提督「……ん?誰だ?」

金剛「金剛ニャース!テートクを癒やすニャース!!」

提督「にゃ、ニャース……?」

ガチャ

ビスマルク「ビスマルク、にゃあ……」カァァ

提督「ビスマルク!?」

ビスマルク「な、何よ。褒めてもいいにゃよ!?」シャー

提督「あ、ああ。可愛いよ……うん」ナデナデ

ビスマルク「ふ。ふふん。もっと撫でてもいいのよ?」

金剛「あ、ズルいニャース!金剛にゃんも撫でるニャー!」

提督「お、おう」ナデナデ

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:13:31.09 ID:E+Mmz+P+o

ガチャ

五十鈴「あっ!先を越された……!」

提督「五十鈴まで……!」

五十鈴「提督。五十鈴を撫でなさい……にゃっ」

提督「……」ナデナデ

五十鈴「ふふっ……」

金剛「こっちも忘れないでヨー!」

提督「何だ、何が起きている……!?」ナデナデ

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:14:31.80 ID:E+Mmz+P+o

ガチャ

ゾロゾロゾロゾロ

「球磨ニャクマ!」「阿賀野にゃー」「こ、このクソ飼い主!」「うーちゃんにゃーぴょん!」
「叢雲……にゃ」「爆撃するにゃ!」「気分が高揚するにゃ」「にゃーちゃんです!はいっ!」

提督「!?」

提督「ちょ、ちょっと待ってくれ!一斉に来ないで……」

提督「う、ウワァァァァァァァッ!?」

ドンガラガッシャーン

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:15:43.48 ID:E+Mmz+P+o

――――口は、災いのもと。

猫と化した艦娘に押しつぶされながら俺はそう実感した。

……まあ、それほど悪い気はしなかったが。



23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:16:25.88 ID:E+Mmz+P+o
~~その後~~
多摩「……にゃあ」

提督「うむ」ナデナデ

あれからしばらくして、艦娘たちの猫熱もようやく静まったようだ。

こうしてくれるのは今や多摩、天津風と綾波・敷波くらいに留まっている。

提督「……まあ、アレだ」

多摩「にゃ?」

提督「猫属性ってのは、多すぎても駄目なんだなぁ……」ナデナデ

多摩「にゃ」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:18:21.48 ID:E+Mmz+P+o
終わりです
犬とかに続くかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ