朝潮「司令官!早速、鎮守府内の皆さんにも、お披露目といきましょう!」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 18:45:25.62 ID:xdB0Elxi0
※注意!
艦これssですが、色々なネタが出てくる事があるので、苦手な方は閲覧注意。
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 18:51:08.24 ID:xdB0Elxi0
提督(まあ、たまにはこいつ等と遊んでやるのも悪くはないな)
提督「ふむ。いいだろう。早速やろう」(親戚の子供とプリキュアごっこをした事があるから大体の要領はわかる!
もちろん敵役だが)

暁「司令官は敵なんだからね」
提督「ああ、わかってる!敵の名前は……どうしようかな?」
暁「レディーをあまり待たせないでよね!」
提督「あ、ああ……」
響「!?」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 18:54:01.56 ID:xdB0Elxi0
雷「どうしたの?響?」
響「窓に……誰か居る!」
提督「はぁ!?ここは三階だぞ!?」
時雨「君達は下がっているんだ!」
電「はいなのです……」
提督(まさか……スパイ?……とりあえず警戒しよう……)
時雨「気をつけて!提督!」
提督「ああ……」
………………。

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 18:58:53.03 ID:xdB0Elxi0
???「バレては仕方がない!」
バッ

長門「戦艦長門だ!」
提督「…………。」
ドゴッ! ←無言の腹パン

長門「ぐっ……さすが提督と言ったところか……いいパンチだ……」
提督「……お前、何しに来た?」(マジで焦っただろうが!)
長門「ふっ……何だか呼ばれている気がしてな……
決して第六駆逐隊の子達をつけていたわけではない!」
提督「うるせーよ!嘘つくんじゃねーよ!ながもん!」
長門「ながもんじゃない、長門だ!」
提督「……はぁ……」(何故ウチの長門はこうなんだ……)

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:04:37.98 ID:xdB0Elxi0
時雨「でも良かった……外部からの侵入者じゃなくて……」
長門「何っ!?侵入者だと!?何処に居る!?」
提督「お前だよお前」
長門「何?私が?……フッ……提督の冗談にも参ったものだ……」
提督「……コイツ、解体していいかな?時雨?」
時雨「まあまあ……」
提督「それよりプリキュアごっこの敵の名前を考えるんだったな……どうしよ?」
長門「何!?プリキュアごっこをやるのか!?だったらこのビッグ7の出番だな!」
提督「そうだ!時雨もやれよ!敵のプリキュアって設定でさ!」
時雨「ぼ、僕がプリキュア!?で、出来るかな……敵とはいえ、プリキュアなんでしょ……?」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:09:05.53 ID:xdB0Elxi0
電「時雨なら出来るのです!是非お願いするのです!」
暁「暁からもお願いするわ!」
響「私からもお願いする」
雷「私からもお願いするわ!プリキュアの事がわからないなら、私を頼っていいのよ!」
提督「時雨は可愛いから大丈夫だって!だからやろうぜ?な?」
時雨「/// ……提督がそこまで言うなら僕、やってみるね!」
第六駆逐隊「やったー!……なのです!」
提督「よーし!じゃあ敵の名前決めないとな……」
長門「……あの……」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:14:12.00 ID:xdB0Elxi0
提督「うーん……よし、じゃあ俺はラスボスのニートキングって敵をやろう!」
電「どういう敵なのです?」
提督「ニートキングは、闇の世界のニート王国の王で、この人間世界の住人を
ニートだらけにして世界を滅ぼそうと企む悪いやつなんだ!」
雷「いいわねぇそれ!さすが司令官!」
長門「…………。」グスッ
提督「……はぁ……」
時雨「提督……」
提督「わかってる。それで敵プリキュアの時雨と長門がニートキングの部下で、
プリキュア達(暁達)と戦うって感じでどうだ?」
暁「それでいいわ!」
提督「……長門も協力してくれるか?」
コシコシ

長門「……ああ、任せておけ!」
提督「よし、じゃあここ(執務室)でやるのも狭いから、中庭に移動しよう!」
響「了解!」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:16:34.31 ID:xdB0Elxi0
――――― 中庭
提督「それじゃあ、始めるぞー!準備はいいかー?」
暁「当然よ!」
雷「いいわ!司令官!」
電「大丈夫なのです!」
響「ハラショー」
提督「じゃあ、いくぞ!」

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:20:20.24 ID:xdB0Elxi0
役割

味方(プリキュア)
暁 キュアレディー

響 キュアハラショー

雷 キュアマザー

電 キュアナノデス

敵(ニート王国勢)
提督 ニートキング(ボス)

時雨 キュアレイン(敵のプリキュア)

長門 コドモスキー(ニートキングの手下)

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:27:03.81 ID:xdB0Elxi0
提督「グハハハハハハ!この世界の人間共をこのニートキング様がニートにしてやるー!」
暁「そこまでよ!ニートキング!」
提督「ぬ!?何者だ!?」
暁「親のスネかじりはおやめなさい!」
提督「」
雷「いい加減に働きなさい!」
提督「」
響「遊んでばかりじゃ」
提督「」
電「駄目なのです!」
提督「グハァーーー!!」(しにたい……)

(この提督はニートだった時期があったので)

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:33:09.77 ID:xdB0Elxi0
暁「私達は」
響「悪は絶対許さない」
雷「平和を愛する」
電「正義の使者」

第六駆逐隊「第六駆逐隊プリキュア!!……なのです!」

提督「」
暁「覚悟しなさい!ニートキング!……ってあれ?」
提督「」
響「油断するな!キュアレディー!たぶん死んだフリだ!」
時雨(……そんなにショック受けるなら別の名前にすればいいのに……)
提督「……ぐぬぬぬ!いきなり精神攻撃とは……さすがプリキュアと言ったところか……」
暁「当然よ!そして、このキュアレディーが貴方を真人間にして見せるわ!」
提督「フン!貴様等の相手など、わざわざ私が出る必要はないわ!!
出て来い!我が忠実なる部下達よ!」
第六駆逐隊「!?」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:37:05.14 ID:xdB0Elxi0
時雨「僕はキュアレイン……悪いけど、君達の雨は止まないよ!」
提督(おっ♪時雨もなかなか乗り気だな!いいぞ!)
長門「ふっふっふ!このコドモスキーがお前達プリキュアを可愛がってやろう!」ジュルリ
提督「……お前は少し自重しろ!てか、目がマジだぞ……」
暁「そ、それでも私達は負けないわ!」
雷「そうよ!それに、世界中の人達が私達を頼ってくれてるんだからー!」
響「そうだ!私達は負けられない!」
電「なのです!」
提督「ほざけほざけ!この私の部下が負けるはずがない!二人ともいけぇい!」
時雨「…………。」
長門「…………。」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:40:26.93 ID:xdB0Elxi0
提督「ん?どうした?我が部下達よ?」
時雨「もうやめよう!て……ニートキング様!働かないのは駄目だよ!」
提督「」
長門「そうだ!それに子供達と戦うなど……私には出来ない!」
暁「それじゃあ!」
長門「ああ、仲間に加えてくれ!ニートキングを倒して、世の中を……世界を救おう!」
時雨「僕も今から仲間さ!よろしくね」
雷「心強いわ!」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:44:00.37 ID:xdB0Elxi0
提督「ぐぬぬぬぬ!いきなり裏切るとは……許るさーーーん!!
私の恐ろしさを特と見せてやるわ!!」
うちわ持って……

提督「烈風けーーーん!!」ブワッ!!
響「くっ……凄い風だ!!」
ブワッ!! ブワッ!!

電「でも、負けないのです!!」
ブワッ!! ブワッ!!

提督「くそぉ……さすがに疲れるぜ……」ゼエゼエ……
時雨「ニートキングが疲れている」
長門「今だ!みんなで必殺技だ!」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:49:16.37 ID:xdB0Elxi0
暁「みんな!いくわよ!」
響&雷&電「うん!……なのです!」
暁「プリキュア!レディーファイヤー!」
提督「アチチチチチ!」(本当に熱いわけじゃないけど)
響「プリキュア!ハラショーブリザード!」
提督「寒ッ!!」(本当に寒いわけじゃけど)
雷「プリキュア!マザーフラーッシュ!」
提督「目が、目がぁ~!」(ムスカのマネ)
電「プリキュア!ナノデスサンダー!」
提督「しびれるぞー!」(本当に痺れるわけじゃないけど)
雷「どお?私達の力、思い知ったでしょ?」
提督「ふっ……ふはははははははは!」
暁「な、何!?」
提督「残念だったなプリキュア!私はニートな人間がいる限り不滅なのだ!」ダッシュ
暁「逃げる気!?」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:53:27.19 ID:xdB0Elxi0
――――― 執務室近くの通路

吹雪「司令官……一体何処に居るんだろ……?」トボトボ
睦月「吹雪ちゃーん!」
夕立「ぽい~!」
吹雪「あ、睦月ちゃん!夕立ちゃん!ちょうど良かった」
睦月「吹雪ちゃん、どうかしたの?」
吹雪「実は……出撃の報告書を司令官に提出しようと思ったんだけど……
執務室に誰も居なくて……」
夕立「提督さん達だったら中庭で、プリキュアごっこをやってるっぽい」
吹雪「プリキュア?」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:56:25.97 ID:xdB0Elxi0
睦月「うん、普通の女の子がある日プリキュアに変身して、悪い敵と戦っていくっていう
ストーリーのアニメなんだぁ!実は睦月も憧れてたにゃしぃ♪」
吹雪(にゃしぃ!?)

(↑この鎮守府の睦月の口調は今までアニメ基準だったので、驚いています)
夕立「夕立も暇だから睦月ちゃんに誘われて、これから提督さん達の所に行くっぽい」
睦月「吹雪ちゃんもいっしょに行こうよ?プリキュアの事、睦月が教えてあげる
にゃしぃ、いひひっ!」
吹雪「う、うん……」(睦月ちゃんいつもとキャラ違くない……?)

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:59:50.52 ID:xdB0Elxi0
――――― 中庭
提督(おっ、ちょうどいい所にあの二人が!)
提督「おーい!二人共ー!」
望月「なんだー?司令官」 ←通りすがり
初雪「なぁに?」 ←通りすがり
提督「二人共!今週の遠征無しでいいから、少しばかりプリキュアごっこの手伝いしてくれ!
俺の手下のフリしてるだけでいいからさ!頼む!」
望月「ふぅーん、いいねぇ。いいよー」
初雪「それならいいけど……」
提督「じゃあ頼む!」

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:03:56.50 ID:xdB0Elxi0
暁「ニートキング!その二人をどうする気!?」
提督「プリキュア~!今からこの二人は私の新たな部下だぁー!」
響「まさか!?これがニートキングの力なのか!?」
提督「そうだー!ニートな人間をどんどん増やし、部下にして世界を征服するのだー!」
雷「な、なんて恐ろしい力なの!?」
電「そんなの……絶対に許せないのです!」
提督「ならばこの二人を攻撃するか?私の部下だが、一般人だぞ?
無理だよなぁ?ふはははははははは!」
暁「ひ、卑怯よ……」
提督「さあ!どうする?プリキュア諸君!」
響「くっ……」

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:09:10.63 ID:xdB0Elxi0
蒼龍「プリキュアー!がんばれー!」
暁「えっ?」
飛龍「プリキュアー!負けるなー!」
響「いつの間にか……人があつまっている?」
睦月「吹雪ちゃん!早く早く♪」
吹雪「ま、待って~」(睦月ちゃんテンション高いよ~)
夕立「何か、応援しなきゃいけない空気っぽい?」
睦月「ほら、吹雪ちゃんも応援しなきゃ!」
吹雪「う、うん。がんばってー!みんなー!」
睦月「負けるなー!プリキュアー!」
夕立「立てー!立ち上がるんだっぽいー!」
雷「そうよ……みんな、私達を頼りにしてくれてる……」
卯月「うーちゃんの分までがんばるぴょ~ん!」
電「絶対に……負けられないのです!」
提督「だが、どうする?二人を倒さなければ、私はこの二人のニートエナジーで
復活するぞー!」
ガンバレー!

暁「どうすれば……」
プリキュアー!

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:13:27.91 ID:xdB0Elxi0
望月「…………。」
初雪「…………。」
提督「……ん?どうした?」
望月「なんかもうーマジめんどくせぇー!帰るよー」
提督「えっ!?」
初雪「私ちょっと……ひきこもります……」
提督「そ、そんな……お前まで……」
第六駆逐隊「…………。」
時雨&長門「…………。」
提督「ま、まだだぁ!!まだ終わらんぞぉ!!たとえ一人になろうと我が野望は終わらんぞぉー!!
何故って?……キングだからだ!」
???「貴方の悪事、そこまでよ!」
第六駆逐隊「!?」
時雨&長門「!?」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:17:01.53 ID:xdB0Elxi0
提督「何者だ!?」(飛び入り参加か!?)
イムヤ「世界に広がるビッグな愛!キュアラブリー!」

(「伊168」を「イムヤ」と表示します)
提督「えっ!?ちょっ、おまっ……本物来ちゃったーーー!?」
(中の人的にもそうだが、見た目もめっちゃ似てるって!)
電「す、すごいのです!」
イムヤ「ここからは私が司令官を仕留めちゃうから!」
提督「一応ニートキングって名前なんだがー……」
暁「あ、暁達だって負けないわ!」
???「ちょっと待ったーーーっ!!」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:21:22.83 ID:xdB0Elxi0
提督「今度は何だ!?」
しおい「はじけるレモンの香り!キュアレモネード!」

(「伊401」を「しおい」と表示します)
提督「潜水艦二人目のプリキュアか!?」
清霜「ピカピカぴかりん じゃんけんポン♪ キュアピース!」
提督「黄色いプリキュア二人目か!?」
清霜「プリキュアになれば戦艦になれると聞いて」
提督「誰だー?清霜に嘘教えたのはー?」
清霜「嘘だったのー!?」ガーン!
大鳳「思いよ届け!キュアエコー!」
提督「…………?」

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:27:01.54 ID:xdB0Elxi0
大鳳「思いよ届け!キュアエコー!」
提督「……ああ、そうか!中の人の繋がりラッシュが続くと思ったが、ここにきて
暁達みたいに……オリジナルのプリキュアだと!?」
大鳳「」
提督「あれ?どうした?」
大鳳「お、思いよ届け!……キュアエコー!」
提督「……そんなプリキュア居たっけ?」
大鳳「」
提督「な、なあ電。お前知ってるか?」
電「わからないのです……」
大鳳「」
提督「な、なあ誰か。キュアエコーって知ってるか?」
暁&響&雷「…………。」
大鳳「」
吹雪「…………。」プルプル
夕立「吹雪ちゃん!?どうしたの!?」
吹雪「何か……涙が勝手に……」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:33:10.56 ID:xdB0Elxi0
睦月「あ、あれは!?」
夕立「睦月ちゃん、キュアエコーの事、知ってるっぽい?」
睦月「あれは、映画オリジナルのプリキュアで、プリキュアオールスターズNewStage と
プリキュアオールスターズNewStage3 で活躍したキャラにゃ!」
夕立「だから提督さん達は知らなかったっぽい?あれ?
1と3があったって事は2もあるはずっぽい?」
睦月「……残念だけど……2ではモブ扱いにされてしまったにゃしぃ……しかも変身どころか
台詞すらなかったモブだったにゃ……映画でしか出番がないのに……」
大鳳「」
夕立「……プ、プリキュアがんばるっぽいー!」 ←目をそらしながら
大鳳「」
提督「と、とにかく何人来ようがこのニートキング様には勝てん!何故って?……キングだからだ!」
暁「よ、よくもキュアエコーを……許せないわ!」
提督「ふはははははははは!ならばかかって来いー!」(何かよくわからんけど)

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:37:38.11 ID:xdB0Elxi0
金剛「Hey テートクゥー!」
ビクッ!

提督「い、いきなり来るとは!?貴様もプリキュアか!?」
金剛「違いマース!パフデース!」
提督「は?」
金剛「だからパフデース!」
提督「貴様も映画オリジナルのプリキュアか!?」
金剛「パフデース!」
雷「あっ、わかったわ!きっと妖精さんの事だわ!」
電「Go!プリンセスプリキュアの妖精さんなのです!」
金剛「Yes!雷電(ライデン)達、ナイスデース!」
雷&電「名前をまとめないで!……なのです!」
提督「プリキュアだろうが妖精だろうが、まとめてかかって来い!
それでも私には勝てんがなぁー!」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:42:47.33 ID:xdB0Elxi0
時雨「こうなったらみんなの力を借りて倒すんだ!」
提督「ふはははははははは!ならば応援しているみんなもいっしょにかかって来るがよい!
それでも私には負けん!何故って?……キングだからだ!」
蒼龍「えっ!?いいの!?実は私もやってみたかったんだよねー♪」
飛龍「私もー♪」
卯月「うーちゃんもいくぴょん♪」
睦月「吹雪ちゃん!夕立ちゃん!睦月達も行くにゃしぃーーー!!」
夕立「突撃するっぽい!!」
吹雪「ま、待って~!」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:47:51.13 ID:xdB0Elxi0
金剛「プリキュアごっことはいえ、提督のハートを掴むのは、私デース!」
大鳳「」
清霜「戦艦に……なれない……?」
しおい「おーい、二人共だいじょーぶー?」
イムヤ「このキュアラブリーは無敵なんだから!」
時雨「何か……いいね、こういうの♪」ニコッ
長門「フッ……ああ、艦娘に転生して良かったと思えるな……」
暁「よーし!今度こそみんなで力を合わせて倒すわよー!そして、ニートキングを
真人間に更生よー!」
響&雷&電「おー!……なのです!」
こうして俺は、大人数のプリキュア(艦娘)を相手にする事になった。
設定とか色々むちゃくちゃになってしまったが、鎮守府全体が一致団結したような所を見れて良かった。
そして何より……みんなが楽しそうで良かったと俺は思った。

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:50:42.91 ID:xdB0Elxi0
――――― 数日後
涼風「煌めく銀の翼!キュアイーグレット!」
初春「爪弾くは魂の調べ!キュアビートじゃ!」
朝潮「英知の光!キュアダイヤモンド!」
イク「天空に舞う蒼き風!キュアプリンセス!なの!」

(「伊19」を「イク」と表示します)
提督「咲きほこる花のプリンセス!キュアフローラ!」
提督「って、何で俺までプリキュアせにゃあかんのだ!」(どうしてこうなった!?)

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 20:54:07.77 ID:xdB0Elxi0
提督(プリキュアごっこをした日以来、何故かこの鎮守府でプリキュアが流行ってしまった……
艦娘には幼少期が無いからか……いや、女の子はみなプリキュアになりたい……という事なのかもしれない……)
初春「なんじゃ?主人公のプリキュアでは不満だと言うのか?贅沢じゃのー」
提督「いや、そうじゃない!俺は男だぞ!?普通やるなら敵役だろ!?ってか、似合わないだろ!?」
初春「そんな事はないぞ?みなもそう思うじゃろ?」
涼風「うん!バッチリだね!」
イク「提督可愛い!なの」
朝潮「うん、いいわ」
提督「…………。」(真面目な朝潮まで……こいつ等、俺をハメようとしてんのか……?)

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:32:19.94 ID:xdB0Elxi0
提督「時雨も何か言ってやってくれ!さすがにキツイだろ!」
時雨「そんな事無いよ!……プリキュアになった提督も素敵だよ!」
提督「」(時雨に聞いたのが間違いだった……)
朝潮「司令官!早速鎮守府内の皆さんにも、お披露目といきましょう!」
提督「い、嫌DAーーー!」
初春「このわらわがついてる!大丈夫じゃ!」
提督「だいじょばない!」
イク「提督、行くのー!」
提督「行きません!」
涼風「な、なんでぇー!?」
提督「俺はこの格好、嫌なの!」
朝潮「そうですか……司令官は私達の事が嫌いなのですね……」ウルッ
提督「っ!?違う!」
初春「一夜を共にした、わらわを嫌うというのか?」クックックッ……
時雨&涼風&イク「!?」
朝潮「?」

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:35:58.66 ID:xdB0Elxi0
涼風「て、提督のばかぁーーー!!」ガチャ
提督「ま、待て!!違うって!!初春も変な言い方やめろ!!」
イク「提督!どういう事なの!!」
時雨「……僕も……詳しいこと聞きたいかな……?」
提督「ま、待て!!あれは秘書の仕事をだなぁ……」
時雨「僕という秘書が居るのに……初春をわざわざ秘書にして、手を出したんだね……?」
提督「何故そうなる!?」
時雨「……悲しいよ……僕の純潔をキミに捧げたというのに……初めてと言ってくれたのに……
あれは嘘だったのかい……?」
初春&イク「!?」
朝潮「?」

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:38:42.09 ID:xdB0Elxi0
提督「ちょっ、おまっ!?何を言って……」
初春「……この初春の怒りを買ったようじゃのう!」
イク「こうなったらおしおきなのね!」
提督「だから、違うって!!」
ガタッ!

提督「何の音だ!?」
青葉「青葉、聞いちゃいました……」
提督「」

提督(プリキュアー!助けてー!!)
38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:41:25.37 ID:xdB0Elxi0
終わりです。

ありがとうございました。
40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 10:31:42.12 ID:mCh2fTrRO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ