大淀「提督の体を気遣って、金剛さんみたいに抱きつきたいのを我慢してるんですよ?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 16:31:52.54 ID:vPRXYgY40
ある日の鎮守府
~廊下~
提督「今日もいい天気だなあ」
ーー……ぇーーぅうー!
提督「ん?この声は……」
ドドドドドドドドド!
提督「そしてこの地鳴りは!?」
金剛「テェェーートクゥゥゥ!!」ドドドドド
提督「来たか金剛!」
提督「いくぞ!迎撃用意!」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 16:37:48.16 ID:vPRXYgY40

提督(足を肩幅に開き、右足を大きく一歩後ろに下げ重心を置き、両手を広げ構える!)
金剛「バァアアニングゥ……」ドドドドド
提督「さあ来い金剛!今日こそ受け止めてみせる!お前の愛を!!」
金剛「ラアアアアアブ!」ピョン
提督(来る!衝撃に備えr)
ドンガラガッシャーン!
提督「ぐああああああああ!」大破
金剛「テートクゥ!えへへー」スリスリ
提督「」チーン

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 16:46:17.24 ID:vPRXYgY40

~医務室~
提督「はっ!?」ガバッ
大淀「おはようございます提督」
提督「大淀、俺生きてる?」
大淀「生きてます」
大淀「金剛さんに押しつぶされた後、2時間ほど気を失っていました」
提督「そうか……」
提督「またダメだったか……」
大淀「ダメでしたね」
提督「今回も金剛のバーニングを受け止められなかった……くそっ!」ドンッ!
大淀「そんなに悔しがるほどのことですか?」
提督「そりゃ悔しいさ!」
提督「女の子のジャンピングハグを受け止められなかったんだぞ!?男の恥だよ恥!」
提督「これができなきゃお姫様だっこなんて夢のまた夢だ!」
大淀「重機関車並みの重量をもつ金剛さんを普通の人間が受け止めるのは無理だと思います」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 16:55:37.50 ID:vPRXYgY40

提督「くっ…そういえば、大淀は前に金剛からバーニングラブされたことあったよな?」
大淀「はい、私を提督と勘違いした金剛さんに一度……」
提督「どうだった?」
大淀「別になんとも」
提督「はーすごいな、あれを受けてビクともしないなんて…」
提督「なんかコツとかあるの?」
大淀「コツも何も、私は艦娘だから平気なだけで」
提督「いいなあ、俺も艦娘になりたい」
大淀「無理なので諦めてください」
提督「ふっ、このぐらいの失敗で諦める俺じゃないさ!」スクッ
大淀「えっ?提督どちらへ?」
提督「ちょっと体鍛えてくる」ガチャ
大淀「いや安静にしてないとダメですよ!…ってちょっと!?」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:02:43.76 ID:vPRXYgY40

~トレーニングルーム~
提督「雷っ!電っ!暁っ!響っ!」グッグッ
※腕立て中
提督「はぁ…はぁ…」プルプル
大鳳「ラスト4回、金剛型です」
提督「よしっ!」
提督「霧島っ!榛名っ!…比叡っ!ぐっ……金剛ぉ!」グッ
バタン

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:07:54.40 ID:vPRXYgY40

提督「はぁ……はぁ……」
大鳳「相変わらず提督の数え方は変わってますね」
提督「ふーっ…数字ばかりだと途中でつらくなってくるからな」
提督「この数え方だと楽しいし何よりやる気につながる」
提督「途中で何回やったかわかんなくなっちゃうのが難点だけど」
大鳳(本末転倒な気がする……)
提督「さてと、今ので結構いい筋肉ついたんじゃないか?」
提督「どれどれ…」チラッ
提督「おお!我ながら惚れ惚れする筋肉だ!」ムキッ
提督「ふふふ!力がみなぎってくる!」
提督(この筋肉さえあれば金剛のバーニングラブに対抗できるはず!)
提督「大鳳、協力感謝する」
大鳳「いえ、あの提督…」
提督「ん、なんだ?」
大鳳「まだ1セット残ってますよ?」ニコッ
提督「えっ」
この後メチャクチャ筋トレした。

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:12:18.14 ID:vPRXYgY40

~執務室前~
提督「くーっ!やっぱ大鳳のトレーニングはキツいなあ」
提督「まあでも、おかげでいい筋肉がついた」ムキムキ
提督「さて、とりあえず書類でも片付けながら金剛が来るのを待つか……」
ーー……ぇーーぅうー!
提督「!この声は……」
金剛「テェェーートクゥゥゥ!!」ドドドドド
提督「さっそく来たか金剛!筋トレの成果、とくと見よ!」
提督(大丈夫だ!筋肉は裏切らない!)
提督(訓練を思い出せ!)
提督「突撃ぃぃ!」
提督「ウオォォォォォォォォォォ!!!」ダダダダダ
金剛「バァアアニングゥ……」ドドドドド
提督「マッスルゥ……」ダダダダダ
金剛「ラアアアアアブ!!」ピョン
提督「ラアアアアア…………ぶへっ!!」バシッ!
ピューーー………ドガシャーン!!
パラ……パラ……
大淀「……」
大淀「まさか正面から突っ込んでいくとは……」
大鳳「トラックに引かれた子供のように吹っ飛びましたね」
大鳳「提督ー生きてますかー?」
提督「」大破
大鳳「返事がない。ただの司令官のようだ……」

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:19:14.31 ID:vPRXYgY40

~再び医務室~
提督「はあ…また失敗してしまったか」ボロッ
大淀「本当なんで生きてんですか?」
提督「鍛えてますから」キリッ
大淀「調子に乗ってるといつか本当に命を落としますよ?」
提督「ふっ金剛のバーニングラブで死ねるならそれも本望さ」
大淀「……包帯巻き終わりました、よっ!」パシッ
提督「いっつ!!なんで叩くの!?」
大淀「ふんっ」プイッ
提督「いてて、でも金剛を受け止めるのってやっぱり難しいな」
大淀「わかってるなら避けるなり何なりしてください」
提督「そうは言ってもだな、金剛の気持ちを無下にしたくはないんだ」
提督「あんなに俺に対して、真っ直ぐぶつかってきてくれるのに、当の俺が避けたりしたらかわいそうじゃないか」
提督「ちゃんと正面から金剛の気持ちに応えてやりたい」
大淀「そんな体張って答えなくても…」
提督「君たち艦娘の頑張りに全力で応えるのが俺の仕事だ」
大淀「……言ってることはカッコイイのに、やってることはバカですね」
提督「そうかなあ?」
大淀「そうですよ」
提督「まあバカでもいいさ」
提督「それであいつが喜んでくれるなら」
大淀「……」
提督「さてと!傷も治ったし、次のバーニングラブに備えて筋トレを…」ムクッ
大淀「提督」
提督「はい!」ビクッ
大淀「今日はもう安静にしてて下さい」ニコッ
提督「……はい」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:29:18.40 ID:vPRXYgY40

~医務室前~
バタン
大淀「はぁ」
金剛「Oh!淀デース!テートクの具合はどうデスカ?」
大淀「”大淀”です」
大淀「いくつか骨にヒビが入ってますが命に別状はありません」
金剛「そーデスカ!安心しマシタ」ホッ
大淀「……金剛さん、スキンシップもいいですが、今後はあのように過激なのは控えてくださいね」
金剛「Sorry、テートク見るとなんかテンション上がって体が勝手に動いちゃうんデース」テヘヘ
大淀「はぁ……ほどほどにしないとダメですよ?」
大淀「提督は私たち艦娘と違って普通の人間なんです」
大淀「本人は大丈夫なつもりでも、何度もあんなタックル食らわされたら、いつか取り返しのつかないことになります」
金剛「そ、Sorry……」
大淀「他の子たちも提督の体を気遣って、金剛さんみたいに抱きつきたいのを我慢してるんですよ?」
大淀「避けようとしない提督も悪いですが、今後は気をつけてください」
大淀「では私は仕事があるので失礼します」スタスタ
金剛「……」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:36:33.04 ID:vPRXYgY40

~翌日~
提督「怪我もすっかり治ったし、また体を鍛えに行くか……ん?」
金剛「……」
提督「おお!金剛じゃないか!!」
提督「来い!何度でも相手になってやるぞ!」
金剛「……」
金剛「……」テクテク
提督「ん?金剛?」
金剛「バーニング…」タタタ
金剛「…ラブ」ポフッ
提督「おう?」
提督「なんだ今日は随分と弱々しいバーニングラブだな?」
提督「どうした?体調でも悪いのか?」
金剛「今日はこれで十分デース」ギュッ
金剛「Take care of yourself…」
金剛「テートク…」
金剛「あまり無理しちゃNoなんだからネ?」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:40:27.08 ID:vPRXYgY40

提督「……」
提督「……」
提督「……」
提督「ぐはああああああああ!!!!可愛すぎるううううううううう!!!!」轟沈
金剛「テートクゥ!!??」
今日も鎮守府は平和です。
おわり

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:42:00.11 ID:vPRXYgY40

以上で終わりとなります。
読んでくださった方ありがとうございました!
16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:43:48.50 ID:mrzhC9+/o

結局受け止めるのは無理だったかww
18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/14(日) 17:55:03.33 ID:7Ocv1HWf0
普段が激しい分しおらしい金剛さんなんてもうたまらないじゃないですかーやだー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ