龍驤「駆逐艦の中では比較的成熟してる方の陽炎姉妹・・・」艦これSS

1 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 21:11:34.09 ID:wP1U427M0
龍驤「乳揉みたい」

龍驤「駆逐艦の成長中っぱいから」

龍驤「戦艦や空母の超弩級っぱいまで」

龍驤「揉みたい」

龍驤「揉みしだきたい」

龍驤「ふへっ、ふへへへへ……」ニヤーッ

龍驤「てなわけで、偶々近くにおった龍田! 乳揉ませてー!」ワキワキ

龍田「えぇー……」
5 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 21:41:05.77 ID:wP1U427M0
龍驤「ええやん! 減るモンじゃなしに!」

龍田「……じ、自分のじゃ、ダメなの~?」

龍驤「もう揉み飽きたわ! 新たな刺激が欲しいんやウチは!」

龍田「……えーと……私より胸の大きい子はたくさんいるわよ~……?」

龍驤「ちゃうねん、大きければええ訳では! 問題は大きさだけではないんや!」

龍驤「それに、ゆくゆくは全艦娘を制覇するつもりや。どうせ早いか遅いかの違いや!」

龍驤「ふふっ……ふふふふふふっ……」ニヤニヤ

龍田「……」
6 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 21:47:19.11 ID:wP1U427M0
龍驤「さぁ早よお! 早よお!! ハァハァ…」ワキワキ

龍田「あら~……ちょっと、頭冷やしましょう……?」ゴゴゴゴゴ

龍驤(改二Lv90)「あ゛ぁ゛……? やってみろや……」ゴゴゴゴゴ

龍田(無改造Lv50)「ひっ」
8 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 21:54:27.39 ID:wP1U427M0
龍田「そ、それじゃあ……龍驤ちゃんは、どうして揉みたいと思うの~……?」

龍驤「何でかって? 決まってるやないか!」フンスッ

龍驤「乳! それは遥か昔からの豊かさと安らぎの象徴!」

龍驤「即ち! 女性的魅力が詰まった夢の結晶!」

龍驤「それがこの鎮守府という空間にはおっぱい、いや一杯溢れとる!」

龍驤「それやったらもう揉むしかないやろぉ~~ふへへへ……」ハァハァ

龍田(何か悪い物でも食べたのかしら~……)
9 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:02:19.64 ID:wP1U427M0
龍田「えぇと、つまり、『おっぱいが大好きだから揉みたい』ってこと?」

龍驤「おう! そういう事や! 理解していただいた所でさっそk」

龍田「で、本音は『自分に胸が無いから、腹いせに誰かのを揉みたい』ってところかしら~?」

龍驤「……っ」ヒクッ
10 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:06:26.24 ID:wP1U427M0
龍驤「…ぅぅぅっ……」ワナワナ

龍驤「そうや!! 悪いか!!」

龍驤「どいつもこいも! これ見よがしにでかい乳ぶら下げよってからにぃぃぃっ!!」

龍驤「当てつけか! ウチかて空母やってうのに、一人だけ子供体型のウチへの当てつけなんか!!」

龍驤「ほんならえぇわ!! ウチに無いんやったらせめて他人のでも揉んだるんやぁっ!!」

龍田「なるほど、通りで自分ので満足できない訳ね~」

龍驤「うっ……!!! ……うっ……ううっ……」フルフル

龍驤「うわぁぁぁぁああああん!!」ケツルイドバァァァ

龍田(やっぱり……)

龍田(それにしても、鼻息荒くしてたと思ったら、今度は泣き出すなんて……)

龍田(まぁいっか~。今のうちに逃げよ~っと)ソソクサ
11 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:11:32.50 ID:wP1U427M0
むにっ
龍田「ひゃあっ!?」///

龍驤「とでも、言うと思ったかい?」
むにむにむにむにっ!!
龍田「ひぃぃぃっ!?」///

龍驤「この程度、想定の範囲内だよぉっ! ハハッ、アハハッ! アハハハッ!!」
もみもみもみもみっ!!
龍田「やっ……やぁっ……」///
13 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:19:42.04 ID:wP1U427M0
龍驤「ふむ、衣装で強調してるだけあってええ乳やなぁ」モミモミ

龍驤「ただでさえ軽巡としては大き目やのに、そんなに見せつけたら目ェに悪いでぇっ…へへへ…」モミモミ

龍田「んっ…んんっ…」/// ビクッ、ビクッ

龍田(何、これ……!? 何で、胸だけでこんなに、感じてっ……!)///

龍驤「龍田ァ……誰がそんな噂広めたんか知らんけどな……」モミモミ

龍驤「ウチは自分の体型を『独特なシルエット』とは言うたけど、『惨めなシルエット』と言うた事は一回もないねんで?」モミモミ

龍田「じゃあ、さっきのは……」///

龍驤「もちろん演技や。あぁ言っておけばみんな油断するしな! ハハハッ!」モミモミ

龍田「でも、あの血涙は……」///

龍驤「あんなモンちょっとした手品や」モミモミ

龍田(手品……?)///
14 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:25:04.81 ID:wP1U427M0
龍驤「それはさておき……まぁ、初めはウチかてちーっとは思ったわ」モミモミ

龍驤「『何で同じ空母なのにウチだけロリなんや!』『何でこんなにちんちくりんなんや!』ってな」モミモミ

龍驤「でも、ある時大事な事に気付いた……」モミモミ

龍驤「想像してみ? ”他のパーツはそのままに、乳だけ蒼龍サイズのウチ”の姿を」モミモミ

龍田(そ、それどころじゃ……)///
15 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:34:41.08 ID:wP1U427M0
龍驤「…ホラちょっち想像してみぃ!」モミモミモミッ!!

龍田「ひぃぃっ! ごっ、ごめんなさっ、あぁぁぁああっ!」/// ビクビクンッ

龍驤「”この身長、この腰回りで、蒼龍っぱいのウチ”……バランス悪いなんてモンやないで?」モミモミ

龍驤「それこそ『船の龍驤』も裸足で逃げるわ! バランス最悪やで!!」モミモミ

龍驤「世の中、どんなモンにも適量っちゅうもんがある。ロリ体型なウチに、あまり大きな乳は不釣り合いや」モミモミ

龍驤「まぁ世間には”ロリ巨乳”なるモンもあるらしいし、それを奇形と言うつもりはないけどもやな」モミモミ

龍驤「ウチは気に入っとるんや。70年越しでやっと手に入れた、このバランスのえぇ体がな!」モミモミ

龍驤「まぁせやな、もうちょっと身長は欲しいけどな!」モミモミ

龍驤「まぁ、気長に待つわ。乳も背ぇもその内成長するやろ! ハハハッ!」モミモミ
18 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:41:15.26 ID:wP1U427M0
龍驤「…………さて、ここまで長々話してきたけど、ちゃんと聞いてたか?」モミモミ

龍田「はぁーっ……はぁーっ……」/// ビクンビクン

龍田(これ……凄い……)///

龍驤「あぁ、こらあかんっぽいな」モミモミ

龍田「も、やめ……んんっ……」///
20 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:45:19.88 ID:wP1U427M0
龍驤「ところで龍田」ピタ

龍田(……と、止まった……?)

龍驤「さっきの発言は、ウチが『体型にコンプレックスを抱いている』であろうと思っての発言やな?」

龍田『で、本音は『自分に胸が無いから、腹いせに誰かのを揉みたい』ってところかしら~?』

龍田『なるほど、通りで自分ので満足できない訳ね~』

龍驤「あきまへんなぁ……他人の体型を、ましてやコンプを笑いものにするなんて……」

龍驤「まぁ、結果としてコンプではなかったとはいえ……」

龍驤「これは、ちょっとお仕置きが必要やなぁ……」ニタァッ…

龍田「ひっ……!……ご、ごめんなさ」

龍驤「え? なんやて!?」モミモミモミモミ!!

龍田「んぁぁぁああっ!」///
21 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:52:20.14 ID:wP1U427M0
龍驤「ここか? ここらへんかな?」
むにむにむにむにっ!!
さわさわっ!!
龍田「ああっ! いゃっ、いやあっっ!」///
むにゅむにゅ!
ふにふにふに!
龍驤「嫌って言ってる割にえらい艶っぽい声出すやんか。ん?」
くにくにっ!
くりくりくり!
龍田「いやあぁっ! 助けてぇっ!/// 助けて天龍ちゃぁんっ!!」///
23 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 22:58:48.38 ID:wP1U427M0
龍驤「それは、天龍に見られたいって事か?」
プチップチップチッ、プチッ…ガバッ!
むにゅむにゅむにゅ!
龍驤「鎮守府の廊下で、前全開にして、無理矢理乳を揉まれながら感じてる姿を?」モミモミ

龍田「ひぅっ…んんっ…んんんっ!」///

龍驤「ははっ! 今更声抑えても無駄やで! この変態軽巡め!」モミモミ

龍驤「そんなに天龍に見て欲しいなら呼んだるわ! おーい天龍ー!」モミモミ

龍田「っ!! だ、ダメぇっ!!」///

24 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:02:47.36 ID:wP1U427M0
<あー? 誰か呼んだかー?
龍驤「あぁ、ちょっとな!」モミモミ
<何だってんだよ……ったく……
<スタスタ
龍田(ダメダメダメ! 来ないでっ……!!)///

龍驤「あぁ、ごめん! やっぱりえぇわー!」モミモミ

龍田「んっ……んぅっ……!」///
<何だそりゃ。次呼ぶ時は用がある時にしろよ?
<スタスタ……
龍驤「へへへ、ツイてたな」モミモミ

龍田「うっ……あぅぅっ……」///

龍驤「ついでや、こっちの様子も見たろか」クチュッ

龍田「やっ!? そっちは違…んあっ!」///
25 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:08:39.54 ID:wP1U427M0

龍田「いやいやいや……」

龍田「いやぁぁぁぁぁっ……!!」///

26 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:09:35.25 ID:wP1U427M0
龍田「……うっ……はぁっ……」/// ガクッ、ビクッ
龍驤「ふぅーっ! あぁ、ええ乳やった!」ツヤツヤ

龍驤「ほななー龍田ー! 人いじるのもええけど大概にしぃやー!」トテトテ

龍田(ごめん、天龍ちゃん……私、汚されちゃった……)///
27 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:12:34.25 ID:wP1U427M0
龍驤「さ~て、誰かおるかな~」テクテク

舞風「よっと! はっと!」バッバッ

龍驤「おぉ、舞風。何してるん?」

舞風「龍驤さん! ちょっと新作のダンスの練習してまーす!」

龍驤「ほー、相変わらずやなぁ。でもちょっと疲れて来たんちゃうか?」

舞風「えぇ、そろそろ休憩しようかなって」

龍驤「ほんなら、疲労回復に効くマッサージしてあげようか」

舞風「ホントですか! ありがとうございます!」

龍驤「いやいや。ほんならそこに座って~」

龍驤(……)ニヤッ
28 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:16:29.66 ID:wP1U427M0
龍驤「さぁ力を抜いて~」

舞風「はいー……」

龍驤「よっと」サワサワ

舞風「えぇっ、ちょっ!」///

龍驤「動いたらアカンで~効果が薄まるからな」サワサワ

舞風「んっ、で、でも……」///

龍驤「大丈夫大丈夫、その内慣れる」サワサワ
29 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:21:58.78 ID:wP1U427M0
龍驤「ほいっと」フニフニ

舞風「んっ、くふっ……」///

龍驤(駆逐艦の中では比較的成熟してる方の陽炎姉妹……)フニフニ

龍驤(とはいえ流石にボリュームは少ないな、まぁしゃあない。しかし、自分と大差ないサイズでも自分のとは違った感じやなぁ)フニフニ

舞風(何、これ……頭の奥が、痺れるような……)///

龍驤「どうや? 気持ちえぇか?」フニフニ

舞風「気持ちいい、と言うか……何だか、頭がぼーっとする様な……」///

龍驤「ほんなら大丈夫、それが気持ちいいって事や」フニフニ

舞風「んっ……ふぅっ……」///
30 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:25:19.69 ID:wP1U427M0

龍驤(さて、開発は追々進めるとして、今は……)
ふにふにふに!
舞風「ふぅっ! あぁっ!?」///
にゅっにゅっにゅっ!
龍驤「仕上げにかかるでー!」フニフニッ!
さわさわ! さわさわさわ!
舞風「んぅぅっ! な、何か! 何か、来るぅっ!」///
ふにゅふにゅふにゅ!
龍驤「それが効いてる証拠や!」
むにむにむにっ!
ふにゅ!
舞風「んんっ! ふぁっ、ふぁぁぁぁあっ!!」/// ビクビクビクン!
31 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:28:06.39 ID:wP1U427M0
龍驤「ふぅ、これで終いや。どうや?」

舞風「気持ち、良かったです……」///

龍驤「それは良かったわ。んじゃまたな」トコトコ

舞風(……また今度、して貰おうかな……)///
32 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:30:56.27 ID:wP1U427M0
龍驤「さてさてお次~」トコトコ

伊勢「~♪」カチャカチャ

龍驤「おぉ、そこに居るのはお伊勢さん! 何してるの~」

伊勢「お伊勢さんって言わないで! 甲板の掃除よ。ここしばらくしてなかったからね」

龍驤「ほー、精が出ますなぁ。その点ウチらの巻物甲板は便利やなぁ」

伊勢「でも耐久性ならこっちの方がずっと上だよ? まぁ一長一短だね」

龍驤「まぁせやな。おぉ、そうや。ちょっと頼みがあるんやけど」

伊勢「何?」

龍驤「ちょっと乳揉ませてー!」

伊勢「は!?」
33 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:33:21.68 ID:wP1U427M0
ササッ

龍驤「艤装が大きいから見えにくいけど……」モミモミ

伊勢「わっ、いつの間に後ろ……にぃぃぃっ!?」///

龍驤「伊勢さんって結構大きいよなぁ!」モミモミ

伊勢「うわぁっ!? ちょっ、ひぃぃぃっ!?」///

龍驤「これがホントの隠れ巨乳ってか! アハハハッ!」モミモミ

伊勢「ふぅっ! んっ、だめっ! 」///

龍驤「あぁ~流石超弩級やなぁ~……あぁ、よう考えたらホントも何もこれが隠れ巨乳そのものやな」モミモミ

伊勢「ほ、本当に、ダメ、だからぁっ……!」///
34 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:34:20.91 ID:wP1U427M0
龍驤「ダメなん? 結構良さそうやけど?」モミモミ

伊勢「ひぅぅっ、はぁぁっ……」///

龍驤「よし、ウチが正直にしたろうか」モミモミ

伊勢「んっ、ふっ、ふぁぁぁっ!」///

伊勢(これ……凄いっ……胸だけ、なのにっ……)///

龍驤「お、こっちかな」モミモミ

伊勢「っっっ!!!」///
35 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:35:31.50 ID:wP1U427M0
龍驤「おぉ、アタリか。ここやな!」
むにゅっむにゅっむにゅっ!
伊勢「あぐっ、あぅぅうあっ!」///
もみもみもみもみ! にゅっにゅっ!
龍驤「どうや? まだダメ?」
むにむにゅっ! もみもみ!
伊勢「こ……これ以上、されたらぁっ!」///
むにゅむにゅむにゅ!
龍驤「ん? どうなるんや? どうなるんや?」
もみもみもみもみ!
むにゅむにゅむにゅっ!
伊勢「イっ……んぅぅぅぅぅううううっ!!」/// ビクッビクッ!!
36 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:37:53.40 ID:wP1U427M0
伊勢「あぅ……ん……」/// ガクビク

龍驤「ふぅー! 素晴らしきかな超弩級!」ツヤツヤ

龍驤「ほな! お掃除頑張ってなー!」

伊勢(す、凄かったぁ……どうしよう、癖になりそう……)///
37 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:42:17.10 ID:wP1U427M0
龍驤「さてと……」

龍驤「青葉、見えてるで」

青葉「ふぉっ!!?」ガタッ

龍驤「見とったんか? いつから?」

青葉「えぇと、『さすが超弩級やなぁ~』辺りから……」ガタガタ

龍驤「結構初めの方やな……」

青葉「お、お許しを! どうかご慈悲を!」

龍驤「ん? 別にウチは怒ってへんで」

青葉「へ!?」
38 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:44:14.77 ID:wP1U427M0
龍驤「その写真を捨てさえすれば、別に咎めへんで~」

青葉「す、捨てます捨てます!」ビリビリ

龍驤「ふむ。もう残ってへんな?」

青葉「はいっ! これだけです!」

龍驤「よし、ほんなら……」

青葉「で、では! 青葉はここで失礼します!」サッ
40 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:46:32.84 ID:wP1U427M0
龍驤「おっと、逃がさへんで!」モミッ

青葉「ひぃぃっ!?」///

龍驤「重巡としては比較的小柄やからか……青葉っぱいも従って比較的小ぶりやなぁ」モミモミ

龍驤「でもこの手ェより少し大きいくらいのサイズ……まぁ揉みやすいこと!」モミモミ

青葉「んぅぅっ! と、咎めないって、言ったのにぃ!」///

龍驤「ん? ウチは『咎めない』とは言うたけど、『揉まない』とは言うてへんでー!」モミモミ

青葉「はぅぅっ! そんなぁっ! ……んぅっ!」///
41 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:48:18.48 ID:wP1U427M0
青葉「あぅんっ、許っ、許しっああぁあっ!!」///

龍驤「許す許す。ウチは何も怒ってないからなー」モミモミ

青葉「ひぐぅぅっ、んっ、くふぁっ!」///

龍驤「ん、何や、もうダウンか?」モミモミ

青葉「ぁぅっ! ぁぁっ!」///

龍驤「駆逐艦の舞風ももう少し持ったで? それでも重巡かいな!」モミモミ

青葉(そんな事、言われても……龍驤さんが、凄すぎて……)///

42 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:49:48.92 ID:wP1U427M0
龍驤「しゃあないなぁ。ちょっちウチが鍛えたるわ!」
むにゅっむにゅっ! むにゅっ!
青葉「うぁぁっ!? それっ、ひぃぃっ!?」///
ふにゅっ、ふにゅっふにゅっ! むにむに!
龍驤「それそれそれー!」
もみもみもみ! ふにゅふにゅ!
青葉「だ、だめ……ぁぁぁああっ!!!」/// ガクビク
44 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:52:15.33 ID:wP1U427M0
青葉「ぁぅ……」///

龍驤「……」パシャ

青葉「あ……」///

龍驤「ウソウソ。流石にコレ撮るのはマズイって」ビリビリ

龍驤「んじゃ、またなー!」トコトコ

青葉「撮られるのも……良い、かも……」///
45 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/08(水) 23:54:08.30 ID:wP1U427M0
龍驤「さぁーて、次は誰にしようかなーと」

憲兵「そこまでだ」

龍驤「あ」

龍驤「おぉ……こ、これはこれは憲兵殿。お疲れさんです。どないしましたん?」アセアセ

憲兵「隠しても無駄だ。自分が一番よく知っているだろう」

龍驤「え、えぇー? わからへんなぁー?」アセアセ

憲兵「黙れ。一緒に来て貰おう」
46 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/09(木) 00:01:11.53 ID:UHWO7Cp+0
フッ
憲兵「……!? 消えた!?」
サッ
龍驤「フフフ……『隠しても無駄』か……そっくりお返しするで!」

憲兵(い、いつの間に後ろに!?)

龍驤「……他の誰を誤魔化せても、このウチの目ェは誤魔化されへんで!」

憲兵「な、何を言って……」

龍驤「んー? それこそ自分が一番よく知ってるんちゃうか?」

龍驤「よっと」スーッ
するっ……

ゆさっ!
憲兵改め女憲兵「なっ!?」///
47 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/09(木) 00:03:42.35 ID:UHWO7Cp+0
ぷちっぷちっ
しゅるしゅる……
女憲兵(服越しに、それも指先で一撫でしただけでほどかれた!? 一体どうなって!?)///

龍驤「おぉ、やっぱり……えぇモン持ってはりますなぁ!」ウシロカラダキッ

女憲兵「な、何をする!」///

龍驤「うへへへ、さらしは形が崩れるって言うからな、これからは大きさに合うたものを付けときや!」
むにっ!
女憲兵「くっ!?」///

龍驤「ほいほいほいっと」サワサワサワサワ
もみっもみっもみっ!
女憲兵「……むぅぅぅっ!!」///

龍驤「おぉ、流石に手強いな……でも」
48 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/09(木) 00:05:09.36 ID:UHWO7Cp+0
むにむにむにっ!
女憲兵「こ、この程度……」///

むにゅっ! もにゅっ! くにゅっ!
女憲兵「くっ……屈しな……いっ……!」///
むにゅんむにゅんむにゅん!
女憲兵「うっ……くぁっ……!」///
むにゅむにゅむにゅ! くりくりくりっ!
女憲兵「ひぃぃっ! みのがすっ! みのがすからぁっ! ゆる……ゆる、し……ゃぁぁあっ!!」///
49 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/09(木) 00:08:25.72 ID:UHWO7Cp+0
女憲兵「うっ……あぁっ……」/// ガクビク

龍驤「おやー? もう仕舞かー?」サワサワ

提督「その辺にしてやれ」

龍驤「おぉ、提督! どないしたん?」

提督「出撃だ。キラキラは十分たまっただろう」

龍驤「おぉ! 腕が鳴るでぇっ!」トコトコ

龍驤「いやー、それにしても……両手に幸せたくさん、ついでにキラキラもたくさん。えぇ事ずくめやなぁ!」キラキラ

提督「トロった艦娘はしばらく動けなくなるから、無秩序にやるのは今後は無しだからな。龍田には遠征の予定があったのに……」

龍驤「おぉ、それはごめん」
51 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/09(木) 00:11:43.95 ID:UHWO7Cp+0
龍驤(……でも)

龍驤(ふふふ……憲兵ごときには止められへんで……)

龍驤(いつか、絶対に! ホンマに完全制覇したるでぇっ!)

龍驤(ふへっ、ふへへへへへ……)
おしまい
53 : ◆s4VetZ7sVQ 2015/07/09(木) 00:19:04.39 ID:UHWO7Cp+0
個人的に龍驤は、巨乳を僻むより巨乳をおちょくり倒すキャラだと思うんです。

とりあえず、ゲーム中で龍驤は自身の体型をコンプと言ったことはないという事だけは言いたかった。
読んでくれた方、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ