天龍「変な事したら脳ミソまでブチ抜くぞ」 提督「くわばらくわばら」【艦娘・艦これSS】

1 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 18:20:56.78 ID:JLoaYWPy0
今回の耳かきシーンは竹棒でカリカリではなく綿棒でゴソゴソです。
作者はドライ型なので、「ウエットの耳かきは本当はこんな感じだよ」「こういう風だと良い」
といった指摘・アドバイスがあればお願いします。
2 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 18:25:31.67 ID:JLoaYWPy0
<執務室>
コンコン
ガチャッ

天龍「入るぜー」

龍田「失礼しま~す」

提督「これはお揃いで。どうしたね?」クリクリ

天龍「今さっき遠征から帰って来た。その報告書だ」

龍田「帰還がほぼ同じだったから、一緒に行こうって~」

提督「なるほど……じゃあちょっと拝見……」チョリチョリ
3 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 18:33:01.88 ID:JLoaYWPy0
提督「……おぉ、これで燃料は一定数溜まったな。後で建造に回そうか……」クリクリ

天龍「おい提督」

提督「ん? なんだ」カリカリ

天龍「さっきから耳に指突っ込んで何してるんだ」

提督「ん? おぉ、つい無意識に……ちと耳が痒くてな……」

天龍「だったらフツーに耳かきすりゃいいだろ」

提督「人前で耳かきなんてするものじゃないだろ? だからこうやって痒みを誤魔化してる」

龍田「人前で耳に指を突っ込むのも同じだと思いますよ~?」

天龍「寧ろ余計にアレだと思うが」
5 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 18:41:06.11 ID:JLoaYWPy0
提督「ん? 穴の中には入ってないぞ、よく見ろ。耳の周りを掻いてるだけだ」チョイチョイ

天龍「それも同じだっつうの!……よし分かった。俺が耳かきしてやる」

龍田「!!」

提督「何、天龍がか?」

天龍「耳クソの為に気ィ散って仕事が遅れられたらこっちも困るんだよ」

提督「それは尤もだな……よし、折角だからやって貰おうか」

龍田「て、提督~……やめておいた方が、良いと思いますよ~……?」アセアセ
6 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 18:47:38.84 ID:JLoaYWPy0
提督「む? 何でよ?」

龍田「え、えぇと、その~……」

提督「まぁ確かに、天龍が耳かき上手には見えんがな」ハハハ

天龍「試してみるか? 何なら龍田にやって見せようか」

龍田「わ、私は良いからっ!」

提督「何を慌てているのやら……まぁいい。お願いしようか」

天龍「まっかせとけ!」
7 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 18:51:40.69 ID:JLoaYWPy0
<龍田は先に部屋へ戻りました>
提督「よもや天龍に膝枕される日が来ようとは」

天龍「俺だって提督を膝枕するとは思わなかったぜ」グイッ

天龍「さてと……うぉぅ、こいつぁ……」

提督「どうした、そんなに酷いのか」

天龍「酷いのもそうだが、提督は湿型だったのか」

提督「そうなんだよ。お蔭で耳かきでうまく掬えんからいつもスッキリしねぇ」

天龍「だったら今度からコイツを使うんだな」つ綿棒

提督「綿棒? それってヘソ掃除に使うものじゃないのか?」

天龍「そっちにしか使わないヤツの方が珍しいだろ……始めるぞ」

提督「あぁ」
8 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 19:00:14.83 ID:JLoaYWPy0
ゴシュッ……グッグッ
ズズーッ

天龍「初めは耳たぶからだ」

ズッズッ
シュッ、シュシュシュッ

天龍「案外この辺はそんなには汚れてねぇな」

提督「指でやってるからな、その辺りは」

天龍「威張んなよ、ちゃんと道具使え道具」

ゴシゴシ
シュッ、シュシュッ

天龍「うお、急に出て来た。皺の奥には丸々残ってやがる」

提督「あぁ、確かにそんなところまで掻いた事はなかった」

ゴシゴシ
ズズッズズッ

天龍「まぁこんなもんか。中入れるぞ」

提督「おう」
9 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 19:07:41.38 ID:JLoaYWPy0
ゴシュッ
ゴシュシュッ

提督「うおぅ」ビクッ

シュッ
ゴシュッ、シュッ、シュッ

天龍「うわぁ、もう片側使えなくなっちまった。どんだけ貯めてたんだよ」クルッ

ゴッ、ゴシュッ
ゴシゴシ

提督「さぁ……? あぁ、そこだ」

天龍「ん、ここか?」

ゴッ、グググッ
グリッグリッ
グッグッ

提督「あぁぁ……」

天龍「へっ、だらしねぇ顔しやがって」

ゴシュッ、ゴシュッ
グリグリ
ズゴゴゴッ

提督「ほっとけ……ぉぉっ……」
10 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 19:16:58.39 ID:JLoaYWPy0
ズズッズズッ
ザリザリザリッ

提督(明らかに、綿棒が通るたびに耳の中がすっきりして行く……)

ザザッ
ズ、ズボッ
ゾゾゾッ

提督(汚れが、消えて行く……)

天龍「あぁ、また交換だ……これ見ろよ、すげぇぞ」

提督「おわぁ、真っ黄だな……」

天龍「今度から定期的にやっとけよ?」

ゴシゴシ
ゴシュゴシュ

提督「そうする……おぉぉ」
11 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 19:32:26.68 ID:JLoaYWPy0
ゾリゾリ
ゴソゴソゴソ

ザリッザリッ
ガサガサ

天龍「よし、終わりだ。転がれ」

提督「良いのか? このまま回っても?」

天龍「転がるだけならな。変な事したら脳ミソまでブチ抜くぞ」

提督「うへぇ、くわばらくわばら」グルッ
12 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 20:13:24.26 ID:JLoaYWPy0
天龍「こっちも大概だな……」

ズズーッ
ザザッ、ゾゾッ、ザザザッ

提督「どれくらいだ?」

ゴジュッゴジュッ
ガザガザガザッ

天龍「そうだな……」

ゴゾッ
ゴッゴッ、ゴシゴシ

天龍「……普通を1-4とすると、これは2-4くらいか」

提督「大変な事になってるじゃねぇか」

天龍「だからさっきからそう言ってんだろ!」
13 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 20:24:28.25 ID:JLoaYWPy0
ゴゾッ、ズッズッ
ジュッジュッ、ザッ

天龍「って言うかよ」

提督「何だ?」

ザザッ、ザザー、ザザー
ゴシュゴシュ、ジュッ

天龍「その、何だ……気持ちいいか?」

ザリザリ、ゾリゾリ
ジャッ、ジャッ

提督「あぁ、凄く良いぞ。ガキの頃お袋にしてもらった時に匹敵するぐらいだ」
14 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 20:39:18.43 ID:JLoaYWPy0
ジョリジョリ、ズズッ
ゴゾゴゾ、ゾゾッ、ザザザッ

天龍「……あのな、こういう時は一番良いって言うモンだぞ」

提督「何言ってやがる。10年母親やった女と、人になってほんの2、3年の女とじゃ年季が違わい」

ゴズゴズ、ゴゴッ
ザッザッ、ゾザザザッ

提督「そうだ、何なら俺がママにしてやろうか。そしたらもっと--」

--ゴッ!

提督「ぎゃあっ!」

天龍「おっと、手が滑っちまった。で、何だって?」

提督「な、何でもない……」ジンジン

天龍「まったく……」

コショリ、コショリ
スッスッ
15 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 20:52:41.89 ID:JLoaYWPy0
ガガガッ
ザッザザザ

天龍「しかしこれ……綿棒足りるか……?」

提督「一包丸々使い切る程溜まってたのか!?」

グリングリン
グググッ

天龍「流石にそれはねぇよ。元々残り少なかったのを持ってきたからだ。一包で200本とか入ってんだからな」

提督「ははっ、まぁそりゃそうだな」

ゴシゴシゴシ
シュッ、シュッ、シュッ

天龍「いや、大丈夫そうだ。やっと終わりが見えて来たぜ」
16 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 21:00:57.51 ID:JLoaYWPy0
ジュッ、ジュッ
ゴリゴリゴリ
ゾゾゾッ

提督「おぉ、そういえばかなりスッキリしてきた……」

ゾッ、ズゾッ、ザザザッ
ザリザリザリッ

天龍「そろそろ仕上げだな」

ゴシッゴシッ
ズズズッ

提督「終わりとなると、ちと名残惜しいな」

グリグリグリッ
ズッズッズッ
ビッ

天龍「また今度してやるよっと」

クリクリクリッ

カリッ、コリッ

ピッ、ピッ

コショッ……コショッ……
17 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 21:09:40.38 ID:JLoaYWPy0
コシッ、コシコシ……

コシュッ……

ふぅーーーーっ……

天龍「おし、これで両耳完了だ。起き上がって良いぞ」

提督「あぁぁ……すげぇ、ほんの数十分前とは頭ン軽さがちげぇな」

天龍「もうあんなに溜めんじゃねぇぞ? 綿棒2、3本しか残ってねぇ」

提督「わかったよ。それより……」

天龍「あん?」

提督「またしてくれるって本当か?」

天龍「……あぁ。その代わり、もう人前で耳ほじんなよ」
----

--
18 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 21:16:12.94 ID:JLoaYWPy0
--

----

<その日の夜 天龍・龍田部屋>
もふもふ
ふわっふわっ

ふぅーっ……

龍田「んふっ……ふぅぅっ……///」ビクビク

天龍「よし、こっちは終いだ。逆見せろ」

龍田「はぁーい……」

カリカリッ
カッカッ、ココッ

龍田「あっ……そこ、良いっ……///」トロン…

天龍「……いつも耳かきしてやってるのに、何で此間のあの時だけ嫌がってたのか分かったぜ」

コリコリ
カッカリッ

天龍「『こうなる』って知られたくなかったのか?」

龍田「んっ……内緒、だからね……///」

天龍「さぁ、どうすっかなー……」ニヤニヤ

龍田「そんなぁ……///」
この(しばらく)後(また天龍に)滅茶苦茶(丁寧に耳かき)し(てもらっ)た

おわり
19 : ◆pysihcVNJQ 2015/07/15(水) 21:19:09.84 ID:JLoaYWPy0
ヘタレてない天龍と耳かきSSのステマでした。
皆々様ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ