五十鈴「これからお風呂に行くけど……」 吹雪(あんなことがあったから、変に意識しちゃったな)艦これSS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:05:01.28 ID:xb2fRlPY0
提督「うーむ、今年は特に蒸し暑いな」

提督「こんな日は、いっそクーラーを切って」

提督「艦娘と汗だくックスしたいところではあるが……」

金剛「」ピクッ

榛名「」ピクッ

大和「」ピクッ

提督「こうも蒸すと、脱水症状になりそうだ」

提督「ここは一つ、納涼怪談大会でも開いてみるか」

艦娘「チェッ」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:13:43.48 ID:xb2fRlPY0
~昼 海岸~

長門「さあ、どんどん来い! 私はびいちばれえでも負けはせん!」

吹雪「すごい……! サーブしたボールが全部破裂してる!」

陸奥「そういうゲームじゃないんだけど……」

赤城「去年の水着が入らない……」

加賀「赤城さん、それは……」
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:17:15.66 ID:xb2fRlPY0
~昼 仮設屋台~

比叡「提督! これ全部タダって本当ですか!?」

提督「ああ。どんどん焼くから、どんどん食え」ジャッジャッ

雪風「カレーに焼きそばにカキ氷……雪風、目移りします!」

提督「おかわりもいいぞ」ジャッジャッ

提督「遠慮するな。今までの分、食え……」ジャッジャッ

飛龍「はい! ごちそうになります!」
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:21:27.19 ID:xb2fRlPY0
~昼 海~

伊19「泳ぎでイクたちに勝てるわけがないのね!」ザババー

伊8「ここは勝たせてもらいます」ザバー

天龍「くっ、流石にはええ……!」バシャバシャ

夕立「負けが確定っぽい~!」ザブザブ

島風「でも、負けないよ! だって私が一番早いもん!」シャーーーーー!!

潜水艦「海の上を走るのはずるい!!」ガーン
5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:23:11.33 ID:xb2fRlPY0
~夕方 室内~

カナカナカナカナ……

提督「zzz」

暁「zzz」

響「zzz」

雷「zzz」

電「zzz」

カナカナカナカチャン……
6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:25:42.38 ID:xb2fRlPY0
~夜 食堂~

提督「さて、スイカも割ったし花火でも遊んだ」

提督「昼寝もしたしトイレも済ませた」

提督「そして、日が沈んだところで……」

提督「いよいよ、納涼怪談大会の始まりだ」

艦娘「わーーーー!」パチパチパチパチ!
7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:28:44.68 ID:xb2fRlPY0
提督「今年は親睦も兼ねて、深海棲艦のみんなも呼んでいるぞ」

レ級「オッス♪」

戦艦「こんばんは」

港湾「お世話になります……」

提督「しっかりと肝を冷やし、今年の夏を乗り切ってほしい」
8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:32:42.20 ID:xb2fRlPY0
提督「さて、早速、怪談でも打とうと思うが……」

提督「まずは誰がやる?」

駆逐「はい!」

提督「おっ、駆逐棲姫ちゃん。やる気だな」

提督「では、お願いしようか」

駆逐「分かりました……」

全員「……!」ゴクリ
9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:42:07.06 ID:xb2fRlPY0
船が沈むと、どうなると思いますか?

沈没船になる。傷つき、腐食し、魚礁となる

その通りです。普通はそうなります

ですが、時々……

そうならない船が、あるんです

死者の怨念と悔恨をまとい、夜な夜な、ひとりでに動き出す船が

それは海の底から光に誘われ、他の船を引きずり込もうとやってきて……
10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:43:12.83 ID:xb2fRlPY0
駆逐「まあ、私たちのことなんですけどねwwwww」

レ級「wwwwwwwww」

戦艦「wwwwwwwww」

艦娘「wwwwwwwwwwwwww」
11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:45:27.83 ID:xb2fRlPY0
提督「いやあ、なかなか、つかみとしては良かったぞw」

駆逐「お粗末様でした」

提督「ふふふ……いや、失礼」

提督「さて、次からはちゃんと怖い話をしようかw」

提督「次は誰がいく?」

吹雪「はい!」

提督「おっ、吹雪か。じゃあ、頼む」

吹雪「お任せください」
12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:48:43.93 ID:xb2fRlPY0
これは私が体験したことですが……

鎮守府近海で潜水艦を掃討する時、よく組む人がいるんです

ええ。五十鈴先輩です

対潜のプロと言われたあの人といっしょなら、潜水艦だって怖くない

いつもそう思っていました
13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:51:23.49 ID:xb2fRlPY0
でも、ある日、気づいたんです

五十鈴先輩は、何かがヘンだって

はじめは、基礎を大事にする人だと思っていたんです

だって、そうじゃないですか。改になったのに、すぐに改造前に戻るだなんて

強い力に溺れないよう、初心を忘れないようにそうしているのかと思っていました

だけど……
14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:53:30.48 ID:xb2fRlPY0
「五十鈴です。水雷戦隊の指揮ならお任せ。全力で提督を勝利に導くわ。よろしくね」

工房から戻ってくる度に、五十鈴先輩はこう言うんです

まるで、私と初対面であるかのように……

……おかしいですよね?

だって、私と五十鈴先輩は、何十回といっしょに出撃したのに――
16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:57:39.90 ID:xb2fRlPY0
提督「おかしくないぞ」

吹雪「えっ」

提督「おかしくない」

提督「どうしたんだ、吹雪」

提督「暑さにやられたのか?」

吹雪「……」

吹雪「そう……かもしれません」

吹雪「冷静に考えると、同じ艦娘が何人もいるはずが……」チラッ

~窓の外~

五十鈴1「……」

五十鈴2「……」

五十鈴3「……」

吹雪「……!?」ゾッ
18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 20:59:05.08 ID:xb2fRlPY0
吹雪「今! 今、窓の外に!?」

提督「……?」

提督「どこだ? 誰もいないじゃないか」

提督「やっぱり夏バテなんだよ」

提督「ゆっくり休め……なっ?」

吹雪「は、はい」ガタガタ
19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:02:32.37 ID:xb2fRlPY0
提督「さて、なかなか迫真的な話だったが……」

提督「その分、ハードルが高くなっちゃったな」

提督「次は誰がいく?」

艦娘「……」

最上「うーん、じゃあ、ボクがいこうかな?」

提督「おっ、最上か」

提督「期待しているぞ」

最上「自信はないけど、頑張るよ」
20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:08:32.67 ID:xb2fRlPY0
みんな、鎮守府近海にある小屋のことは知ってる?

うん、そうそう。それそれ

出撃や遠征から帰ってくる時に、いつも目にするあの小屋だよ

小さな島にある、小さなプレハブ

元は見張り小屋だったんだよね?

でも、不便だったから、あんまり使われずに放置された……
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:10:01.02 ID:xb2fRlPY0
知ってる?

あの何もない部屋の、何もない壁に

赤黒い手形がついているのを

みんなは気にしてないみたいだけど

ボクは手形を見てから、どうにもあの小屋が気になっちゃってさ
22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:12:08.10 ID:xb2fRlPY0
通りかかる度に、色々考えたよ

幽霊がいるのか、とか

それはどんなのだろう、とか

もしかすると、こっちを見てるのかもしれない、とか

そのうち、自分で考えたことを自分で怖がるようになってさ

近くを通る時は、いつもビクビクしてたっけ
23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:14:08.43 ID:xb2fRlPY0
夜戦から帰る時は特に怖かったね

小屋の中で、うすぼんやりとした人影が

目だけはしっかと見開いて、こっちを見ているかもしれない――

そう考えると、足がすくんじゃってさ

そのうち、遠回りをして帰るようになったよ
24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:16:15.49 ID:xb2fRlPY0
――でも、おかしいんだ

小屋の近くを通らないようになってからも

やけに気になるんだ。あの小屋が

頭に浮かぶんだ――

小さなプレハブ。荒れ果てた室内。ガラス窓の奥には、赤黒い手形があって

その近くにいるんだよ。小さな影が。目だけがギョロギョロした、白い影が

その光景が、やけにはっきりと頭に浮かぶ――
25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:17:11.99 ID:xb2fRlPY0
……実は、見ていたのかもしれない

ボクは小屋を見ているつもりだったけれど

そこにはいつも『アレ』がいて、

いつもボクの方を、見ていたのかもしれない――
26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:18:26.51 ID:xb2fRlPY0
最上「おしまい」

最上「あはは、人前で話をするのはちょっと照れくさいね」

最上「どうだったかな・・・・・・って」

最上「どうしたの、みんな?」

提督「あわわわわ……!」

暁「ひぃぃ……!」

天龍「ガチじゃねえか、バカー!」
27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:22:17.24 ID:xb2fRlPY0
龍田「そ、その小屋って、いつもの通り道にあるあの小屋?」

最上「そうだけど?」

睦月「あああああ! 思い出してみたら、あった! 手形があった!!」

如月「いつも見られているような気配がしたけど……」

カ級「も、も、もうあの辺りに行けない……!」

最上「えーと……なんか、ごめんね?」
28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:51:35.55 ID:xb2fRlPY0
提督「ジャブの次にレバーブローを喰らった気分だが……」

提督「納涼という意味では、趣旨に適った話だった」

提督「さて、次は誰がいく?」

艦娘「……」

深海「……」

提督「むっ、しり込みしたか?」

提督「ならば、私が……」

雪風「しれぇ!」

雪風「雪風にお任せください!」

提督「おお!」
29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:53:14.81 ID:xb2fRlPY0
提督「ちびっ子に怪談を語らせると」

提督「なにやら『学校の怪談』じみてきそうだが」

提督「それも一興! 頼むぞ、雪風!」

雪風「はい!」
30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:55:37.35 ID:xb2fRlPY0
夕方ごろの話です!

お昼寝から目が覚めた雪風は……

しれぇがいなくなっていることに気がつきました

あれ? おかしいな?

横になる前は、すぐそばにいたのに……

お昼寝部屋はしーんとしていて

窓の外では、ひぐらしが鳴いていました
31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 21:57:56.53 ID:xb2fRlPY0
その時のことです

ふと、しれぇの声が聞こえたように思いました

廊下の奥。普段は使われていない部屋から

その声はしているようで……

雪風はお昼寝部屋を出て、しれぇの声をたどりました
32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:00:19.36 ID:xb2fRlPY0
夕暮れでした

廊下は夕日を浴びて真っ赤に染まり

そうじゃないところは、影になって、真っ暗でした

しれぇの声が、また聞こえます

やっぱりそれは、廊下の奥の部屋からでした
33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:10:01.49 ID:xb2fRlPY0
でも、おかしいんです

しれぇだけどしれぇじゃない

そんな声でした

そう思った瞬間、急に怖くなってしまって

雪風は、こっそりと、部屋の中をのぞいて……
34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:14:54.53 ID:xb2fRlPY0
雪風「するとそこには、裸になったしれぇと南方棲戦姫さんがいたんです!」

艦娘「っ!?」

深海「っ!?」

提督「ファッ!?」

雪風「南方さんは苦しそうに『オオー! て、提督、なんて男なの』とか『止めたら殺すから!』とか言ってました!」

提督「ゆ、雪風、止め」

雪風「二人とも汗だくでした!」

提督「フィー!」ビクンビクン
35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:22:47.38 ID:xb2fRlPY0
金剛「ヘイ、提督ぅ」

提督「」ビクッ

榛名「少しお話が……」

提督「それは、その」

提督「違うんだ」

雪風「なめくじみたいにからみあってました!」

提督「違うんだぁ!」

………………
36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:25:14.37 ID:xb2fRlPY0
~鎮守府 廊下~

吹雪「はあ……」トボトボ

吹雪「結局、勘違いだったのかな」

吹雪「最近、疲れているのかなあ」

五十鈴「あら?」

吹雪「五十鈴先輩」ドキッ
37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:29:46.39 ID:xb2fRlPY0
五十鈴「怪談大会はどうしたの?」

吹雪「ちょっと……抜けてきました」

吹雪「そ、その。五十鈴先輩は?」

五十鈴「私はパス。趣味じゃないわ」

吹雪「そ、そうですか」
38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:32:43.33 ID:xb2fRlPY0
五十鈴「これからお風呂に行くけど……」

五十鈴「あなたも来る?」

吹雪「い、いえ。私は部屋に戻ります」

五十鈴「そう?」

五十鈴「じゃあね」ヒラヒラ

吹雪「は、はい」
39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:39:31.16 ID:xb2fRlPY0
吹雪(あんなことがあったから、変に意識しちゃったな)

吹雪(……うん。やっぱり、私の考えすぎだよ)

吹雪(五十鈴先輩が何人もいるなんて……)

五十鈴「あら?」

吹雪「っ!?」ドキッ
40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:40:58.37 ID:xb2fRlPY0
五十鈴「吹雪じゃない。何してるの?」

吹雪「え、えっと」

吹雪「自分の部屋に……戻ろうかと……」

五十鈴「へえ」

五十鈴「やっぱり怪談って子どもっぽいものね」

五十鈴「お風呂にでも入ってた方がマシだわ」

吹雪「そ……う、ですね」
41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:42:59.89 ID:xb2fRlPY0
五十鈴「あなたもどう?」

吹雪「いえ、わ、私は」

五十鈴「そう? じゃあね」ヒラヒラ

吹雪(……えっ)

吹雪(ど、どういうこと?)

吹雪(さっき会ったのは五十鈴先輩で)

吹雪(今、去っていくのも五十鈴先輩で)

???「あら?」
42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 22:44:58.25 ID:xb2fRlPY0
???「吹雪じゃない」

???「何してるの?」

吹雪(じゃあ)

吹雪(私の後ろにいるのは)

吹雪(一体、誰なんだろう……?)

~完~
43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 23:03:10.69 ID:idv9Rf8go

考えさせられた。面白かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ