音無小鳥「アイドルマスター、765プロの物語は全て私の妄想だった」SS

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/04(水) 21:49:48.97

――朝 765プロ事務所

小鳥「足りない…足りないわ……」

小鳥「妄想分が足りない………」

小鳥「最近、忙し過ぎて行き帰りと食事中と家でしか妄想出来なかった………」

小鳥「でも今日からは仕事も落ち着いたし、ようやく仕事中にも妄想出来るわね」

小鳥「よし!早速、朝の妄想に入らなきゃ」

小鳥「今まで出来なかった分、今日は思いっ切り妄想するわよー!」

小鳥「ぐふ、ぐふふ……♪」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/04(水) 22:03:01.39

小鳥「……………」

小鳥「何て……何て、事なの……!?」

小鳥「妄想が出来ない!?」

小鳥「まさか、最近仕事中に妄想が出来なかったから、仕事中の妄想の仕方を忘れてしまった…?」

小鳥「いや、駄目……駄目よ小鳥!」

小鳥「自分の妄想力を信じなきゃ!」

小鳥「私なら出来る」

小鳥「私なら、そう……例えば、たったいま自分で淹れてきたばかりの、このお茶からでも妄想を広げられる筈よ!」

小鳥「そう、集中して………精神を研ぎ澄まして………」

小鳥「うん……そうよ………お茶………雪歩ちゃん……………」

小鳥「…………………」

―――――――――

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/04(水) 22:40:57.44

―――――――――

雪歩「プロデューサー、お茶がはいりましたよ」スッ

P「あぁ、ありがとう!いつも悪いな……って、ヤベ!」コツン

バシャッ

雪歩「きゃっ!?」

P「ご、ごめん雪歩!大丈…っ!」ハッ

P(お茶がかかって濡れた所が透けて……服の下が見え……――)

雪歩「プ、プロデューサー……」

P「はッ!?す、すまん雪歩!今、拭く物を…――」

ガシッ

P「!?……雪、歩?」

雪歩「あの、プロデューサー……プロデューサーになら見られても良いです………」

雪歩「寧ろ、見て欲しいです……私の事、もっと見て下さい……!」

P「雪歩………」

―――――――――

小鳥「………………………」

小鳥(ベタね……ベッタベタね)

小鳥(チープで陳腐だわ……)

小鳥(でも、だからこそ良いとも言えるわ)

小鳥(久しぶりの朝仕事妄想だし、準備妄想には最適ね♪)

小鳥(このままベタな所で、次は睡眠薬を足してみようかしら………)

小鳥「……………」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/04(水) 23:18:24.48

―――――――――

雪歩「……………」コポコポ サラサラ

雪歩「………よし」

雪歩「プロデューサー、お茶がはいりましたよ」

P「あぁ、いつも悪いな……んっ……うん、今日のお茶も美味いな」

雪歩「えへへっ」

P「ありがt…あ、あれ…?なん…だか、急に……眠、く……」

雪歩「大丈夫ですか?プロデューサー……早くソファーの方に……」

P「ん……悪い、な……ちょっと……休…………」フラフラ

ドサッ

P「む……ん……………zzz」

雪歩「プロデューサー、ごめんなさい」

雪歩「でもプロデューサーが、私をこんな悪い子にしちゃったんですよ?」キュッ

雪歩「プロデューサーの手、大きい……」

雪歩「あ……プロデューサーの手が、私の胸に……温かい………」

雪歩「今はまだ、面と向かって言えないけど……いつか………」

雪歩「プロデューサー、大好きです……ん………」

――――――――

小鳥「うへ、うへへへっ♪」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/04(水) 23:28:55.58

小鳥(はぁー……雪歩ちゃん可愛いわぁ)

小鳥(奥手な所とか、あの守ってあげたくなる感じ………)

小鳥(私の若い頃にそっくりね)

小鳥(さて、準備妄想も良い感じに出来るようになってきたし、少しずつ本妄想に向かって行くわよー!)

小鳥(うちの子達は皆カワイイから、捗って良いわー)

小鳥「ぐふ、ぐふふ、ぐへへへ♪」

雪歩「プロデューサー…なんだか今日の音無さん、一際おかしいですぅ」

P「最近、暑くなってきたしなぁ…さっきお茶淹れてたし、お湯と一緒に頭も沸いちゃったんだろ」

雪歩「そうですかぁ」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 20:38:24.88

小鳥(さて、次は………)
小鳥(やっぱり、雪歩ちゃんが来たら真ちゃんよね)
小鳥(純粋で奥手でThe女の子と言える、高校生の頃の私そっくりでとっても可愛い雪歩ちゃんと)
小鳥(男の子みたいにカッコ良くて爽やかで、王子様みたいな真ちゃん)
小鳥(765プロの誇るベスト百合ップルの一つね)
小鳥(さぁ…早速、男の子みたいにカッコ良い真ちゃんを想像して………)
小鳥(男の子みたいにカッコ良い…男の子みたいに………)
小鳥(男みたい……………男………男……)
小鳥(男)
小鳥(……………)

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 21:03:35.75

――――――――――

社長「どうだね?今回の取材は?」

善澤「あぁ、実に良かったよ。今回も良い記事が書けそうだ」

社長「そうだろう、そうだろう!我が765プロの子達は皆、素晴らしいだろう?」

善澤「そうだな、とても魅力的な子達だ。書きがいがあるよ」

社長「うむ、そうだろう…………だがな善澤」

善澤「どうしたんだい?」

社長「……そろそろ、私への密着取材をしてくれても良いんじゃないかね」

善澤「……ふ。そういえば、君への密着取材は、最近ご無沙汰だったな」

善澤「良いだろう…それじゃ今日は、じっくりと君を取材しようじゃないか」

社長「善澤……」

善澤「高木……」

――――――――――

小鳥「ウッピョーーー!!!」ブシャァァ

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 21:14:49.17

小鳥(ハァハァ……!しまったわ……やってしまった!!)ボタボタボタ

小鳥(久しぶりだから加減を間違えた……!)

小鳥(思わず来てしまったわ……妄想界の深淵に………!)

小鳥(禁断の薔薇園界、『腐界』に!!)

小鳥(駄目よ!今日はまだ、ここに来るには早いわ!!)

小鳥(まだ準備が足りない…!これじゃ耐え切れない!)

小鳥(あぁっ!でも駄目!!一度ここに来てしまったら)

小鳥(戻れない!止まらない!)

小鳥(薔薇妄想が………!)

小鳥(止まらない!!)

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 21:45:01.83

――――――――――

P「今回の報告は以上です」

社長「うむ!キミの働きぶりは実に素晴らしいな」

P「ありがとうございます!」

社長「しかし、こうも結果を出されては、何か特別ボーナスでもやらなければ、割に合わんなぁ」

P「特別ボーナス……ですか?」

社長「あぁそうだ……どうだね?」

P「そうですね……では、今ここで頂くとします」スッ

社長「…っ!私の部屋でかね?キミも好きだねぇ」

P「そう言ってはいますが、既に元気なご様子でしたが……社長も実は期待されていたのではないですか?」サワサワ

社長「……んっ……キミぃ……隣にはあの子達も居るというのに………これでは声が………」

P「大丈夫ですよ」

社長「何がだ…んむ!?」

P「……ん…………ぷはっ!こうやって、私の口で塞ぎますから、問題ありませんよ」

社長「キミぃ………」

P「社長…………」

――――――――――

小鳥「ぴょわーーー!!!」ショワワァァァ

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 22:03:41.08

小鳥(はぁ……はぁ…………!)

小鳥(まずいわ……このままじゃ、もたない……)

小鳥(今の妄想で何故か妙にスッキリしたし、名残惜しいけど、今の内にクールダウン妄想に入りましょう)

小鳥(そうね……千早ちゃんの様にクールに……)

小鳥(落ち着けるように、ちょっとしっとりとした妄想を…………)

小鳥(……………)

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 22:26:06.18

―――――――――

千早「………………」ペラッ

バターン

美希「おはようございますなのー!ハニー!!」

千早「美希、おはよう」

美希「あ、千早さんおはようなの。今、千早さんしか居ないの?ハニーは?」

千早「えぇ、今は私しか居ないわ。プロデューサーなら営業に行ってるわよ」

美希「そっかぁ……むぅー、最近ちっともハニーに会えないの………」シュン

千早「………美希」

美希「ん?なぁに?千早さん」

千早「ちょっと、こっちへおいで」ポンポン

美希「?……うん」トコトコ

ボフッ

千早「……ねぇ美希、プロデューサーに会えなくて…寂しい?」

美希「え?……うん、とっても寂しいの」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 23:00:53.17

千早「そうよね……大好きな人や大切な人と会えないのは、とても寂しいし辛い事よね」

美希「あ…!その……ごめんなさい」

千早「違うわよ。それに会えない時間が一瞬でも永遠でも、辛い事に変わりはないわ」

美希「……………」

千早「優の事は、もう大丈夫。それは皆のお蔭よ」

千早「私にとって765プロの皆は、無くてはならないもので、とても大切な存在よ」

美希「千早さん………」

千早「あなたがプロデューサーの事を大切に想っているように」

千早「私も…私達もあなた事を大切に想っているのよ」

美希「…………」

千早「えっと……だから……上手く伝えられないけど、あなたがそんな寂しそうな顔をしていると……その、私も………」

美希「………あはっ!千早さん、ありがとうなの!」

千早「……!別に、そんな………」

美希「千早さん、膝枕してもらっても良い?」

千早「え?ちょっと、急に……」

美希「失礼しますなのー!」ボフッ

千早「きゃっ!?……もぅ、美希ったら………ふふっ」

美希「あふぅ……気持ちいいのー………ミキ、ちょっとお昼寝するね?」

千早「えぇ、おやすみなさい」ニコッ

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 23:13:01.58

小鳥(はぁー……ちょっとお姉さんな千早ちゃん良いわぁー)

小鳥(千早ちゃんは最近、柔らかくなってきて、本当に可愛くなってきたわよね)

小鳥(はあー……私も千早ちゃんの膝でお昼寝したいなー………)

律子「小鳥さん?」

小鳥(さて、落ち着いてきたことだし、惜しいけど、そろそろ仕事に戻らないとまずいわね)

律子「小鳥さん」

小鳥(あら?律子さん?おかしいわね……今日は夜遅くまで事務所には戻れないって言ってたし、まだ律子さんの妄想はしてないのに……)

小鳥(まぁ、せっかく出てきたんだし、最後にちょこっと律子さんの妄想もしちゃいましょっと♪うへへ)

律子「ちょっと小鳥さん?」

―――――――――

律子「小鳥さんてば!」

小鳥「……はっ!?律子、さん?」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 23:20:08.15

律子「小鳥さん、大丈夫ですか?」

小鳥「え…えぇ、大丈夫ですよ!すみません、最近忙しかったですから」

律子「もう……無理しないで下さいね?」

小鳥「大丈夫ですってば!それに、皆が頑張ってるのに私だけが休むわけにはいかないですから」

律子「でも…!それで小鳥さんが倒れたりしたら……私……私…………!!」

小鳥「律子さん……!」キュン

――――――――――

律子「小鳥さん!聞こえてますか!?」

小鳥「うへ、うへへへっ、うぴょぴょ♪」

律子「」ブチッ

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 23:56:21.67

バチーーーン!!!

小鳥「ぶへっ!?あ…あら、律子さん?本物?あ、おはようございます」

律子「はい、おはようございます」ニコッ

小鳥「あれ?でも律子さんて、今日は朝から予定がみっちりで、事務所に戻るのは夜遅くなるって……」

律子「はい、その通りです!流石ですね、小鳥さん」ニコニコ

小鳥「でも、その律子さんが目の前に居るって事は………え?いや、待って……そんなまさか………えっ?」

律子「さて、小鳥さん?」ニコニコ

ガシッ

小鳥「は、はい………」ガクガクブルブル

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/06(金) 00:11:51.93

律子「先ず、その下半分真っ赤な顔も、やたらグショグショでベタベタな襟元も、血塗れのデスクも、足下に広がった不可解な水溜まりも、それら関しては聞きたくないので別に良いです」ニコニコ

小鳥「は…い……」

律子「で、す、がっ、」

律子「電源すらも点いていない真っ暗な画面のPCと、デスクに積まれた真っ白な書類に関しては、どういう事なのか、今からみっっっっっちりと聞かせてもらいますからねええぇぇー………!!」ニコニコ

小鳥「あの、ちょっと待って下さい律子さん!これにはとてもとても深い訳があるんです!お願いです、聞いて下さい!!待って下さい……待って…………」

ピヨーーーーーーーーーーーーーッ………………………

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/06(金) 00:17:11.12

本当はもっと、駄目なピヨちゃんと可愛い皆を書く予定だったのですが、私の妄想力が足りなかったようです

出直して来ます

お目汚し、失礼しましたm(_ _)m

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/06(金) 12:12:05.64

良い年して夢潮はちょっと擁護出来ない

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/06(金) 20:20:16.02

..:.:::::::::::. .  _ 二二二二 _. 丶

/:::::::::::::: / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..                   今

.          .:.:::::::::::::::://.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. \             自   度

.        /:::::::::::: //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. ヽ            重  か

/:::::::::::: /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. . : .            し   ら

.        .:::::::::::://:::::::::: : /::::::: : |::::::: |:: |::::::::::::::::::::ト:::::::::::::::::.:. . : .           ま   は

.        |   //     |    /l   | |      | l  i    i  :            し  事

.        | :::::::V::::::::::::::::: |::::::::/ :|::::::: | |::::::::::::::::::::| |:::::|:: i:::::: |:::: : i           ょ  務

.       | ::::: l|:::::::::::::::::: |: : /  |::::::: | |::::::::::::::::::::| |:::::|:: |: : i:|::::::: |        音  と  所

| :::::::|::::::::::::::::::::|: /__,|___|_,.|:::: i|:::::::l|::|_|_|ヽ!:::::|:|::::::: |        無  考  だ

| : ::::|::::::::::::::::::::|/    l   |..ノ___」L__.ル| l: ノ |::://::::::: |        小  え  と

|::::::::|::::::::::::::::::::|:  ,.斗==ミ        斗==ミ  |//::::::: : |        鳥  る

.         | ::::::|::::::::::::::::::::|:,/ ,_)}:ハ}         ,_)}ハ} Y }/:::::::::::: |        で

.        | :::: |:il:::::::::::::::::|《  {こ.:)ノ       {こ)ノ ノ/|:::::::::::::: |        あ

|:::::::|:l|::::::::::::::: |                    /ii|:::::::::. , .|        っ

| :::::|∧::::::::::::: |               ,       .ii:i:i|:::: : ′!        た

| : ::|/∧::::::::::::|                 八i:i|:: : /  😐

.          |::::::|//∧::::: : |。       _   、    /| |i:i:|:: /   |

.         | ::::|∧/∧::::: | l>。   .      / |i:i| |i:i:|:/   .:

ノ. 八. ∨ ヽ:::| |二二>:。..    /| l |i:i| |i:i/    ノ

/)|.\ニ二二二≧:_ ´  リ ノノ :|:/

_,.。〈       ゚<二二二:|ノ ヽ.    /

-‐=ニ二        >==<    |=-

-‐==ニニニニニ二\.     /_/⌒:} \ |ニニ=‐-

/\ ‐==ニニニニニニニ\/  ̄ ̄ヽ.  | ̄ ̄ }ニニニニ=-

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/06(金) 21:04:55.60

ダメだこの事務員、早く俺が娶ってやらねば・・・

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/08(日) 11:25:08.88

おつー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ