萩原雪歩「男性恐怖症は実はキャラでやっていたんです。本当は男の人大好きですもん!」SS

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 04:16:56.11 ID:UfIDSmIV0

P「………」
雪歩「最初注意した時に、約束しましたよね?」
P「……ごめん」
雪歩「……私との約束じゃ、守ってくれないんですかぁ…」グスッ
P「ち、違う!魔が差しただけなんだ!ごめん!」
雪歩「いいんです…私なんて、ひんそーでちんちくりんで…」
P(ま、まいったなぁ……)アセアセ

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 04:22:07.36 ID:UfIDSmIV0

雪歩「……やっぱり、ちゃんとして欲しいんですぅ…」
雪歩「プロデューサーのためにも……」
P「わ、わかった……次からちゃんと約束を守るよ…」
雪歩「………わかりました」
雪歩「守って、くださいね?」
雪歩「じゃあ、私はこれで……」
ザクッザクッザクッ
P(はぁ……土の中に帰って行ったか……)
P(しかし、まいったなぁ……)
P(雪歩との約束、守れるだろうか……)

P(ちゃんと、セーブして、電源を切る約束を)
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 04:27:21.29 ID:UfIDSmIV0

Pと雪歩の出会い

P「いやぁー、こんな安く一軒家を買えるとはな!」
P「たしか、モグラが出るとか何とかで、なかなか売れなかったから安かったらしいけど…」
P「まぁ、モグラぐらい、平気さ!」
ゴゴゴゴゴ……

P「!?じ、地面が…地震か!?」
ボコォ!!!
P「うわっ、何か出てきた!?」
P「何だぁ!?」

雪歩「…………」
P「……………」
雪歩「お、男の人ぉ……」キュウ
P「えっ!?えっ!?気絶ぅ!?」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 04:37:11.22 ID:UfIDSmIV0

雪歩「………あれ、家の中……?」
雪歩「私……男の人を見て、気絶しちゃって……」
P「あ、目が覚めたんだね」
雪歩「!」ビクぅ
P「あ、君、男の人が苦手なのかな?」
P「ごめんね、距離をとるようにするよ」
雪歩「す、すみません…家の中で休ませてもらったのに…」シュン
P「お、俺は大丈夫だから。そんなネガティブにならないで」アセアセ
P「それより君、さっき土の中から……」
雪歩「はい…あの、私の家系が、土の中からセーブをせずに電源を切る人を取り締まる仕事で…」
雪歩「だから、土の中から出てきたんですぅ……」

P「す、凄い家系……」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 04:45:54.51 ID:UfIDSmIV0

雪歩「仕事帰りに、この家の庭によって、休憩するんですぅ…」
P「大変な仕事だね…その仕事の時、男の人とかは大丈夫なの?」
雪歩「基本、男の人はお父さん、女の人はお母さん、私は子供に分配されるんですぅ…」
P「へぇー。」
雪歩「もうこの家に、人が住んでたんですね…」
雪歩「いい土の庭だったから好きだったんですけど…他の場所を探さないと、いけませんね」

P「い、いやぁ、あの、君がよければだけど、この庭に来ても大丈夫だよ?」
雪歩「え?ほ、本当ですかぁ?」

P「うん、きみがよかったらだけど…」
雪歩「ありがとうございますぅ!越させてもらいます!」
P「よっぽど気に入ってるんだね…えっと….君は…」
雪歩「あ、名前は、萩原・リセット・雪歩ですぅ」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 04:52:57.57 ID:UfIDSmIV0

P(そして、その日に、俺と雪歩はセーブせずに電源を落とさないように約束した…)
P「しかし、まいったなぁ…」
P「アイドルマスターSPって、オーディション落ちてもやり直し効かないんだよなぁ…」
P「電源切るしか方法ないし……ハァ」
P(……そういえば、もう1年くらいか、雪歩と会ってから)

P「昔みたいに、距離を取らなくなったのは、いい成長だよな」
P「さぁて、またやり直すか…今度は違うオーディションでも受けよう」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 05:01:47.16 ID:UfIDSmIV0

次の日
雪歩「ぷ、プロデューサーぁ!!」
P「ゆ、雪歩……」
雪歩「……また、約束、破りましたね?」
P「ご、ごめん!アイドルマスター無印も電源落としてやり直さないと、引退の時ランクが…」
雪歩「うぅ…やっぱり、私なんかとの約束じゃ…」
P「ご、ごめん!雪歩!」
P「そ、そうだ!雪歩、前行ってと時に楽しんでた海に行こう!」
雪歩「海…ですか?」
P「また、一緒に砂のお城、砂の山、砂のトンネル、砂の焼肉作ろう!!」
雪歩「……い、いいんですかぁ?」
P「あぁ!よし、行こう!」ガシッ
雪歩「あっ……手……えへへ」///

P(何とか難を過ごせた)

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 05:11:10.91 ID:UfIDSmIV0

別の日
雪歩「ぷ、プロデューサーぁ!」
P「んげぇー!?ゆ、雪歩……」
雪歩「また……約束を……」グスッ
P「ご、ごめんよぉ….Xboxって、つい、足の指で電源に触れちゃって……」

雪歩「もぅ……約束も……私なんなも、どうでもいいんですね……」グスッ
P「ち、違う違う!本当にごめん!!」
P「そうだ!雪歩!あれだ!遊園地に行こう!」
雪歩「遊園…地…?」
P「そうだよ!雪歩、いつも土の中からで、上から地球を見る機会すくないだろ?」
P「観覧車とかで、上から高く見てみよう!」
雪歩「か、観覧車って……プロデューサーと…2人で…」
P「あ、男と密室で2人はキツイか?」
雪歩「い、いぃえ!い、行きましょう!プロデューサー!」
P「あ、あぁ」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 05:17:22.02 ID:UfIDSmIV0

別の日の別の日
雪歩「プロデューサーぁ!」
P「えっ、今日はセーブしてから電源切ったぞ?」
雪歩「えっ?」
P「…………」
雪歩「…………」
雪歩「…………」グスッ
P「!?」
雪歩「ご、ごめんなさいぃ!私なんて…私なんて……」
雪歩「穴掘って、埋まってますぅぅう!!」ザクッザクッザクッ

P「お、落ち着こう!雪歩!あわわ…」

P「そ、そうだ!!映画!映画見よう!」
雪歩「グスッ……い、いいんですかぁ?」
P「あ、あぁ!ちょうど映画を見たい気分だったんだ!行こう!」
雪歩「は、はい!」

雪歩(……ごめんなさい、プロデューサー)
雪歩(ワザと間違った振りなんてしちゃって……)

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 05:25:00.09 ID:UfIDSmIV0

別の日の別の日の別の日

P(………最近、よく雪歩と出掛けるなー)
P(まぁ、罪滅ぼしみたいなもんだから、雪歩はあまりいい気分じゃないんだろうな)
P「さぁて、アイマスアイマス…」カチカチ
P「おし、このお仕事するか……」カチカチ
P「お、選択肢か、多分……これかな?」
P「おー、おー、多分パフェコミュだコ……レ……」
P「…………!?」
P「………………」
P「……………ごめん、雪歩」カチッ
P「電源、切らしてもらうよ、セーブせず….」
P「そして、再起動……」カチッ
ウィぃィぃぃん………
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 05:30:32.14 ID:UfIDSmIV0

雪歩「ぷ、プロデューサぁ!!」
P「……わかってるよ、ごめん約束破って」
雪歩「何回間違えちゃうんですかぁ!」
P「ごめん…」

P「重ねて悪いけど…またしちゃうかもしれないんだ」
雪歩「え!?」
雪歩「……な、何でですかぁ?何で、約束守ってくれないんですか?」
雪歩「何か、事情があるんですか……?」
P「……………実はな……」

P「裏美希のコミュニケーションがめちゃくちゃ可愛いんだ!!」
雪歩「……え?」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 05:36:49.17 ID:UfIDSmIV0

P「最近、美希が裏美希になってさ!!」
P「その美希のコミュニケーションが、めちゃくちゃ可愛いんだ!!」
P「パーフェクトコミュニケーションはとってるんだけどさ!!」
P「何回も見たいから、セーブせずに、電源を切っちゃって、つい、やり直しちゃうんだ!!」
雪歩「…………」
雪歩「…………」
雪歩「…………」

雪歩「…………」
P「いやぁ~、やっぱ、初めの時は冷たいというか、俺に興味を示してくれなかったんだけどさぁ!」
P「裏美希になってからハニーハニーって!可愛いのなんの!!」ハハハ
雪歩「…………」

P「…………ゆ、雪歩?」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 09:00:24.04 ID:b4UMLEBXO

雪歩「…………」プイッ
P「え?ゆ、雪歩、どうしたんだよ」チラッ
雪歩「…………」プイッ
P「こ、こっち向いてくれよ…雪歩」
雪歩「………プロデューサー何て、もう知りません」ツーン
P「ゆ、雪歩ぉ……」
雪歩「その、覚醒…美希ちゃんでしたっけ?」
P「あ、あぁ、そっちで呼ぶ人の方が多いよ……」
雪歩「その子と、仲良くしてればいいんですぅ」ツーン
P(なっなんてこった…雪歩に嫌われた…)ガーン
P「ご、ごめんよ雪歩……」
雪歩「……反省、してくれますか?」
P「あぁ…やっぱ、ちゃんとセーブしてから電源は切るもんだよな」
雪歩「ち、違いますぅ!それじゃなくてぇ!」
P「えっ、違うの?じゃあ何に怒ってんの?」
雪歩「……………あっ」///
雪歩「」///カァァ
P(そのあと、凄い勢いで地面を掘り進んだ雪歩だった)
おわり
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 09:03:39.39 ID:pyRIhvtDO

雪歩はかわいいなぁ!
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/16(水) 11:28:12.46 ID:SqaujUFD0

おつ

やっぱり天使じゃないか!
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 11:31:15.76 ID:eupSewsc0

かわいいぞおい!
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 14:25:38.99 ID:+nJansmLo

かわいすぎる

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 15:02:22.18 ID:KPVUOfXDO

乙なの
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 16:21:48.77 ID:m6WW8Lcz0

乙!
どうぶつの森か‥懐かしいな。どんなきっかけで止めたんだろ忘れちまったぜ
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 19:35:13.35 ID:/cVT5lTWO

どうぶつの森買おうかな…
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 20:00:22.91 ID:/Y98M2Vfo

おつー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ